プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画秘宝 2015年 06 月号 [雑誌]映画秘宝 2015年 06 月号 [雑誌]
(2015/04/21)
不明

商品詳細を見る

ウサギ耳も愛らしい、ロボット映画「チャッピー」を見てまいりました!
もうとにかく、チャッピーが可愛い。ひたすら可愛い。掛け値なしに、SF映画史に残る名ロボット。
怖いことや嫌なことがあると、あの耳が叱られた犬みたいにパタッと倒れてしまうのよww
とにかくSF好き・ロボット好きな方は必見! あまり話題にもなっていないし、観客も少なかったので、映画館で上映も早めに終わってしまうかもしれません。悪いことはいいませんので、お見逃しなく!

2016年のヨハネスブルグ。
都市の治安が乱れる中、兵器メーカーのテラバール社が開発したロボット警官が警察組織に導入され、成果を収めていた。
ロボット警官の開発者ディオンは、自分から成長し、人間のように思考したり感情を持ったりするAIソフトを独自に開発。ギャングたちに脅されたディオンは、壊れかかって廃棄される予定のロボットに、そのAIソフトをインストールしてしまう。
ギャングたち(ニンジャ、ヨーランディ、アメリカ)は、生まれたばかりの赤ん坊のようなロボットに「チャッピー」という名前をつけ、言葉や絵を描くことなどを教えるのだが同時に、自分たちの強盗計画に役立てるために犯罪行為をも教育していく。
テラバール社では、ディオンの同僚のムーアが、自分が開発した戦闘ロボットが採用されないことでディオンを逆恨みしており、その憎しみはやがてチャッピーにまで及んでゆく。
やがて、自分のバッテリーがあと数日分しかなく、自らの存在が終了してしまうことを知ったチャッピーは・・・。

・・・とまあ、こんなストーリーなのですが、私の印象をひとことで言うと「ベイマックス・悪い大人版」。そこに「シザーハンズ」の感傷をプラスして、「マッドマックス」風の近未来ヒャッハー世界観で味付けした感じ。
無垢なロボットを教育して無理やり戦闘ロボットに仕立てていくあたりが「ベイマックス」によく似ていて、拳と拳をコツンと打ち合わせる、クール(?)な男同士の挨拶もやっていました。
ギャング風な動作を調教されたチャッピーが、肩を揺すって歩いたり、手の甲で鼻をこすったり、人と話をするときに壁にもたれて足をついていたり、もうとにかくギャング風味の動作がいちいち可愛いの~!
ただ、「ベイマックス」では、ベイマックスはあくまでヒロにとって役立つ存在だったのに、チャッピーは途中から自分の欲望というものを持つようになり、誰のためでもなく自分の為に行動しはじめるところが新しいです。

そう、この映画、ロボットものでありながらアシモフのロボット3原則をあっさり無視していて、いっそすがすがしい。
何しろ来年の話ですからね、「ロボットの反乱を押さえるために、今こそロボット3原則の現実への応用を」だなんてまだ誰も言いだしていないでしょ。天才プログラマーが一人で開発してしまったAIソフトだし、テストもせずにインストールしたら、まさかこんなにうまく動いて、どんどん感情も豊かになり人間味を増していくなんて予想していなかったし。
そう、だから今でも、一人の天才の出来心で、ロボット3原則を持たないAIが生まれちゃう可能性は十分あるわけですね。

個人的にはロボットってやっぱり、ですます口調でしゃべって欲しいしあんまりお下劣な事はしてほしくないんだけど、それって人間のエゴかもしれないな、と思いました。
だって考えてみると、私が理想とするロボットの喋り方って執事の喋り方と同じなんだもん(笑)
最初からそうプログラミングされているロボットならともかく、自律的に成長するAIに自分の趣味を押し付けちゃいけないよね・・・(笑)
現実問題、もしも自己進化するAIソフトができたとして、そのAIの自意識が成長していく過程で、初期にロボット3原則がインストールされていたとしてもAIが「これは私の成長をさまたげるものだ」と判断して勝手に無効化したりしないかな?

無垢なチャッピーにギャング団の女性、ヨーランディが母性を発揮して、チャッピーのママとして子供を育てるように可愛がり、「心」の存在を教えるあたりには「シザーハンズ」を思い出しました。
チャッピーが最終的に熱いハートを持った奴に成長するのは、ヨーランディの影響が大きかったと思います。

そして忘れちゃならないのが、2016年ヨハネスブルグの世紀末感ねw
ってか来年なんですけど? ヨハネスブルグって今でもこんな風なの?
平和ボケした日本人の私にはよくわかりません!
しかし、そのギャングたちがまた愛すべき奴らなのですよ。
暴力的だわ金は盗むわ人は殺すわ、ただの犯罪者たちなんですが、だんだん「いい奴かも」って思えてきちゃってね。最初が怖いイメージだから、ちょっとでもチャッピーに優しかったりすると、ギャップの効果ですごく好感を持ってしまうのです。
そして彼らのアジトとなっている建物の内部が、壁一面に落書き(?)がしてあるのもすっごく可愛いんですよ~!
世紀末オシャレとでもいいましょうか。こういう視覚的なセンスの良さも、このブロムカンプ監督の強みだなあと思います。
子供が育つための、適度な楽しさと乱暴さがある環境とでもいうのかな・・・。
もしテラバール社の中で、怖い女社長(シガニー・ウィーバー)や悪い科学者ことムーア(ヒュー・ジャックマンが実に憎々しく演じていました)に囲まれて成長したら、チャッピーはもっと嫌な奴になったと思うの・・・。

チャッピーはモーションキャプチャーでCG合成されて動いているのですが、欲を言えば、あまりに動きが人間くさすぎてちょっとだけ萎えました。「ですます口調でしゃべって欲しい」というのと同じで、人間とまったく同じ動きのできるロボットであっても、どこかカクカク(笑)した、直線的な動きのほうがカッコ可愛いと思ってしまうのです。でもチャッピーのギャングっぽいユサユサした歩き方も大好きなので、両立は難しいですかね。
あと、ラストはあまり深く考えずに、パタパタッと終わっていくあっけらかんとした終わり方でしたが、「ロボットって何だろう? 人間って何だろう? ロボットと人間の違いって何だろう?」というテーマを含んでいて、けっこう深いなと思いました。この映画、2016年が舞台だし。
まあ、実際にチャッピーのような奴が生まれてくるのにはまだ何十年もかかると思ってはいますが・・・。

P.S.
ラスト近く、ニンジャが着ている赤いジャージにカタカナで「テンション」と大きく書いてあったのには目を疑った。
ほぼ現在の南アフリカ、ヨハネスブルグに、中国あたりで作った日本のバッタもん衣料が安く大量に流れて行っているという意味なのだろうか・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1210-facc4761

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。