プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


♪今日のわたしは機嫌がい~い
♪それはあなたとは関係~ない
♪新~しい浴衣買ったから

勤め人の月に一度のハッピーデー、給料日を迎え、今年は娘と自分用に、2着も浴衣を買ってしまいましたよ~!
給料日前に着物屋さんで下見して、気に入って「給料日まで待ってください」と取り置きしておいていただいたものを、代金を払って受け取ってきました。

ここ数年、女子の夏の勝負服といえば、浴衣!
夏祭りに花火大会、昼間のおデートだって、浴衣さえ着ればスペシャル感5割増し。
週末ともなれば、駅前が浴衣女子でごったがえすことも珍しくなくなりました。
去年までは、浴衣すら自分では着ることができず、娘に着付けてやることもできなくて、浴衣は可愛いけど縁のないものとあきらめていましたが、今年は違うよ!
着付けをマスターし、帯板だの裾除けだの、着物小道具を一通りそろえた着物道楽女子にとって、浴衣の着付けなど楽勝ッスよ!
着付けも、一度覚えると、去年まではなんでこんな単純で簡単なことが出来なかったんだろう?と不思議です。まあ、自転車に乗れるようになるものかな。

娘には白地にピンクの濃淡で萩と撫子の模様、半幅の帯は紺で端にビーズ刺繍入り。
自分用には紺地に白と水色で牡丹の模様、半幅の帯は麻の生成り色。
浴衣だと、お値段も手ごろなので普段着ないような色柄でも、「まいっか。夏だし」と気軽にトライできるのも嬉しい。
浴衣だと美人度も3割増し(当社比)。
今年は親子で隣近所のおじさん達を悩殺だ~!

それにしても、着物ってなぜ、買ったあとも喜びが長続きするんだろうなあ。
洋服だと、買うまではすごく、「欲しい欲しい・・・」という物欲が強いのですが、いざ買って自分のものにしてしまうと、急速に色あせて見えてきてしまうことが多いのです。ひどい時は「また無駄なものを買ってしまった」と後悔することも。
皆のあこがれのマドンナを籠絡したとたんに、彼女に対する興味を失うモテ男のような気持ちなのだろうか(笑)
しかし着物の場合、なぜか「いいものを手にいれたなあ。あの帯と合わせたら可愛いかも。その場合、帯留めと三部紐は白っぽいのを新しくそろえたいなあ」などと、満足感がありまた、次に欲しいものが自然と分かってきます。
そうやって少しづつ、欲しいものを揃えていくのが楽しいのです。
オタク男性が出来のいいフィギュアを揃えて自分だけのガーデンを作っていくような気持ちなのだろうか(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1224-82ba1469

 BLOG TOP