プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


WE ACCEPT!

365adf95b46f862591449d5ab6cb3a46-e1436152996527.pngメガボットⅡ
V S
img_0.jpgクラタス

7/2の記事でも書いた、アメリカのロボットメーカー、メガボット社から日本の水道橋重工に投げつけられた決闘の申し込み。
アレに対する回答動画が公開されてまたまた世界のロボットマニアの間で盛り上がっています。
「WE ACCEPT」は「受け取った」の意。動画の最後に、ゴシック体の大文字で堂々と書かれていました。
水道橋さん、これ、かなり本気なんでないの・・・?

クラタスの開発者の倉田光吾郎さんという方が喋っているだけの短い動画ですが、メダボットからの挑戦状の画像を編集して取り込んでいたり、クラタスの手(?)のガドリング砲(?)が白煙と共にゆっくり開く、超カッコイイ画像が挿入されていたり、遊び心があって凄くい楽しい。
倉田氏が割とこの話にノリノリで、星条旗をマントにしていたメダボット社のエンジニアの向こうを張って、「油圧」(←笑)と墨跡くろぐろと書かれた日章旗を背負っているのも素敵ですw
更に、アメリカのロボットに対して、
「もうちょっとカッコ良く作れよ」
「アメリカ丸出し」
などなどの煽りの数々!
試合のルールも、(ペイント弾とかBB弾とかじゃなくて)ガチの殴り合いでやろうぜ、とうそぶく不敵さ。
あーヤバイ惚れてしまいそう・・・。

だって、自分で作ったロボット自慢したくてこんなバカ動画送ってくる連中だぜ。
まだ会った事もないけど、オレ、こういう連中大好きだもん。

全力で遊んでやんよ。
でも負けねぇぞ。


こーんなコメントまで出してらっしゃるのよね。
この超好戦的な態度に対し、むしろメダボット社の返答のほうが引き気味(笑)

いやー、マジで面白くなってきましたよ?
搭乗型ロボット同志の肉弾戦対決ということになったら、怪我人続出、ということにもなりかねないから、乗組員の安全はまず第一に考えてほしいですけどね? でも、遠隔操作じゃロマンが無いよね。
ロボット同志の殴り合いだと、片方が破壊されるかまたは乗組員が戦闘不能になるまで勝負がつかなそうな気もするので、ここはルールとしては「ボクシング」というより「相撲」でいいんではないかと。
丸い土俵から押し出されたら負け、横転したら負け。
この程度だったら機体および乗組員にもダメージが少なく、何台ものロボットでトーナメント戦という、夢のような企画も実現できるのでは?

夢は広がりますが、とりあえずメダボットも水道橋重工も、映画「第九地区」のエビロボットみたいな、搭乗型でなおかつ2足歩行可能なロボットを開発していただきたい。
まずは、話はそこからだと思うの・・・。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1231-6a737c31

 BLOG TOP