プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


poster2.jpg

東村アキコ先生のコミックスが原作の映画「海月姫」。
仮面ライダーWのフィリップ君こと菅田将暉が女装男子を演じるとあって話題になりました。
私は原作も大好きだし菅田将暉も若手俳優の中では一番好きなので、気になっていました。
結論から言うと、作りは雑だけどキャスティングの妙で見せる映画、という感じ。

原作を読んだ人にとっては、特に花森役の速水もこみちと 稲荷さん役の片瀬那奈が、ドンピシャ! って感じです。
もこみちは、以前は演技の下手な大根役者と思っていましたが、最近、「MOKO'S キッチン」で自信をつけたのか、演技に余裕が感じられます。今回も、クセのある役を楽しげに演じていました。

尼~ずの面々もそれぞれ似合っていて、特に千絵子役の馬場園さんの堂々たる着物姿には圧倒されました。着物女子のはしくれとして、着付けや着こなしに目が行ってしまうのですが、ここまでの人はなかなかいないんじゃないか、というほど、隙が無くお似合いです。
あと、まやや様役の太田莉菜は、ラストのファッションショーのシーンが凄く良かったです。まやや様らしく。歩き方も表情もぎこちないのですが、かえってそれが愛嬌や媚びを封印した、不機嫌女子みたいな独特の魅力を醸し出していて、ブリブリ甘ロリの菅田将暉と好対照でバッチリ決まっていました。
「まやや様っぽいのにオサレでカッコいい」という、実にいい効果が出ていました。

そして何より、蔵之介訳の菅田将暉。
いやー、フィリップ君をやってた時はまだ17歳、女装姿も華奢で本当に女の子みたいでしたよね。
今ではさすがに、男らしく骨太な体形になり、女装は厳しいのではないかと心配していましたが・・・。
可愛かった! 
41089776_480x262.jpg
いや、正直、男が女装してるようにしか見えないんだけど、何か元気一杯というかね。ゲスい女の子の魅力っていうかね。
役柄も、内向的な尼~ずの面々に戟を入れて、現実に立ち向っていく勇気を与えるパワフルな男の子の役なんだけど、菅田将暉のどっちかというとDQNで下品で、その分、内側から弾け出すような圧倒的なパワーのおかげで、すごく説得力があるんです。
蔵之介は原作ではもうちょっと上品な青年で、その分、女装した時も優美なのだけど、菅田将暉の女装は、スケバンみたいな迫力(笑)
見ていて、故・桜塚やっくんを思い出しました。ガラは悪いけど、それなりの可愛さがある女の子、という感じ。
しかしラストのファッションショーのシーンでは、菅田将暉、ファッションモデルたちの歩き方を相当研究したと見えて、文句ナシにキュートな女の子になりきっていました。
足なども良く見ると、男らしく骨太で膝の関節も大きいし筋肉の付き方もゴツイのに、超ミニのドレスを着てサマになるって凄いことだと思います。
菅田将暉は今まで見たどの映画でも、失望させられたことがありません。まだまだ伸びしろのある、若手NO,1の役者だと思っています。

ヒロインの能年玲奈は、ちょっと最初から可愛いすぎたかな? という感じ。オシャレした時とのギャップの凄さが「海月姫」の見どころの一つじゃないかと思いますので。

・・・とまあ、キャスティングに関しては、よくぞここまでイメージ通りの人を揃えたな、という感じなのですが、残念ながら、脚本、演出ともに甘いというか雑というか、監督の志が低い気がします。
下の娘は大学で映画研究会に入っていて、自分でも短編映画を撮ったりしているのですが、この映画に関しては「編集が甘い。カットとカットとのつなぎが悪くて、役者の位置が違っていたりするし、安易な暗転が多い」と、何やら専門家っぽいことを言っていました。
詳しいことは私にはわかりませんが、まあ、見ていて何か安っぽい感じを受けたのは事実。
あと、尼~ずの面々が千絵子さん以外、全員姿勢が悪く早口なので(まあ、そういう役どころなので仕方ないけど)、映画全体が何となく暗ったいです。
菅田将暉の圧倒的なパワーなくしては、見ていて辛い映画だったかもしれません。
ありがとう、フィリップ!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1232-21577300

 BLOG TOP