プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


「新しいウォッチ!」
ああ~、2週間ぶりにケータくん・ジバニャン・ウィスパーの3馬鹿野郎どもを見て癒される~www
そして可愛いだけでなく有能かつ超お金持ちなヒキコウモリも登場して満足です。
それにしてもシャッチーバーグって、強引すぎw
ジョーズさんも好きだったけど、確かに、考えてみたら妖怪ウォッチ作ったのってケイゾウ爺ちゃんだものね。
老境に入ったケイゾウの姿が見られて興味深かった。ケイゾウって、ほら、映画のラストで子供の姿の妖怪みたいになってるから、どっちかというと早死にしちゃった人なのかと漠然と思っていましたが・・・。
でも、そう考えると今度、ケイゾウって晩年、大金持ちだったのか? とか特許はどうなっているのかとか、更に疑問が・・・。子供の夢物語で終わらせときゃ良かったのに(笑)

「イナホとUSAピョンのロケットチビチビクミタテール~①エンジン編」
【懺悔の時間】↑このタイトル見て「え? チクビ!?」 って思ってしまいました・・・。
おおー! 
もうエンジンが完成とは、展開が早い。この調子だと1クール以内でこのシリーズ、終わりそう(ちょっと嬉しい)。
イナホちゃんのオタクっ娘ぶりが痛すぎて見ていて辛い上に、前倒しで驚くネタとか謎の4択クイズとか、メタっぽいネタの数々も滑っていて痛辛い。
ケータくんたち3馬鹿トリオの時は、誰かがメタネタをブチ混んでも、ジバニャンあたりが醒めたツッコミを入れていたから良かったのに、イナホちゃんとUSAピョンは2人ともボケキャラなんだもんなあ・・・。しかも二人とも、声がキャンキャン高い女の子の声だしなあ・・・。
やはり私の持論である、「女の子にはギャグはできない」の法則が発動してる気がするなあ・・・。
(ケータくんもジバニャンも女性の声優だけど、ウィスパー役の関さんの存在感が大きいせいか「男の子集団」という感じがする)

まあしかし、ギャグは不発であっても、ストーリーの展開の仕方はいいなあと思いました。
1話ずつ妖怪と友達になって、ロケットを1部分ずつ作っていくのって、まったく逆だけど手塚治虫の「どろろ」(主人公の百鬼丸が、妖怪を一体倒すごとに生身の自分の身体を取り戻していく、という話)を連想するような、連作ものとしてすごく熱い展開ですよね!
言葉の通じないメラメライオンに、USAピョンが「ロケットドッカン! メラドッカン!」と、熱意だけで気持ちを伝えてしまうシーンでは不覚にもちょっと涙ぐんでしまった・・・。
USAピョンは基本的に泣ける奴なのよね。私なんて、始めて新OPを見た時、博士と一緒に出てくる画面のちょっと切なそうな表情を見ただけで「こいつはヤバイ奴だ! 落涙注意!」って構えちゃいましたからね!(笑)

イナホちゃんの話が終わったあと、また別の新たな主人公の話が始まるのだろうか。
そうやって5人の主人公を集めて、映画で5つの物語をやろうとしているのかも知れない。レベルファイブはやることが冒険的なので、何を始めるか見当もつきません。
「妖怪ウォッチ」のブームは去った、という見方もあるようだけど、一通り玩具やメダルがいきわたって飽和状態になっているだけで、むしろブームとしては定着していると思います。
「妖怪ウォッチバスターズ」のゲームソフトも、初週で68万本売れたというしね。ちなみに、割合はわかりませんが、白犬隊のほうが売れているらしい。
(コマじろうが大好きなので、私も買うなら白犬隊かなw)
ポケモンがどっちかというと親世代のものになってしまっている今、レベルファイブは「妖怪ウォッチ」を子供たちのものとして末永く大事に育てて欲しい気もするのですが、攻める姿勢を失ったら「妖怪ウォッチ」じゃない気もします。
とはいえ、個人的には初期の「犬脱走」みたいな、古い名作の凝りに凝ったパロディをまた見たいと思いますが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1237-5d700b44

 BLOG TOP