プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ゴースト好調ですね~!
テンポがよく気持ちがいいです。アカリちゃんと御成さん、二人のちょっとオーバー気味な演技も、子供番組らしい楽しさですごく良いと思いますが、竹中直人の仙人もハマリ役ですね!
竹中直人って、普段のドラマに出てくるときはちょっとやりすぎ感があってあまり好きな役者ではなかったのですが、この「ゴースト」くらいの世界観だと何をやっても許されるし(笑)。
ドライブの時の鶴太郎と同じく、おちゃらけていながらもシリアスで重要な役どころなのだと思われますが、そんな場面では、やはり鶴太郎と同じく、大物役者としてのオーラを自在に出し入れしてきそう。
大物役者といえども昨今は、「子供のころに仮面ライダーに憧れていました」世代なので、今後もノリの良い方がどんどん出演してくださるといいなあ。見ていて、演じるのが楽しそうなんだもん。
1年間のドラマだから、スケジュール調整は難しそうだけどね。

タケル役の西銘駿くん、仮面ライダーとしての自覚とともに、一気に顔つきが引き締まりました。前回のヘタレ感、というか素人臭さは全部演技だったのか? 恐ろしい子・・・なのかも知れぬ。
アカリ役の大沢ひかるちゃん、空中から落ちるシーン凄かった! 東映公式サイト見たら、巨大クレーンで高々と吊り上げられていました。大変な撮影だったようです。ガッツあるなあ。
吊りあげといえば、「ゴースト」は空中に浮かび上がるシーンが多いので、スーツアクターさんも撮影も大変だと思うの・・・。毎週、ありがとうございます。お蔭さまで毎週楽しく見せていただいております。
御成役の柳喬之さん、動きが派手で、柿渋茶の衣の裾や袖のひるがえり方がいちいち素敵ですぅww
個人的に、もっと悟ってクールなお坊さんキャラを期待していたんだけど、御成さんは御成さんであまりにキュートなのでもうこのままどこまでも行ってほしい。いきなり裾がはだけて御成
生足を見てしまったときには、和服の持つ潜在的な色気ポテンシャルの高さに今更ながら圧倒されました・・・。

今のところ、出だしは快調で、ここから先、ウィザードやドライブみたいにシリアスな人間ドラマになってもいいし、フォーゼみたいにバカを極める(褒め言葉)のもいい。
どちらに転ぶかは、案外タケル役の西銘駿くんの資質次第なのかもしれません。
ドライブを1年間見ていて、主役の資質がドラマ全体に与える影響の大きさを今更ながらに感じました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1278-0ad9be94

 BLOG TOP