プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


第44回東京モーターショーが東京ビッグサイトで開かれ、大変な盛況のようですが、今回は車好きだけじゃなくてロボット好きの人にも注目の展示が多かったようです。

まず、トヨタが開発したという「キロボ ミニ」
yjimage.jpg
見て分かる通り、「ロピ」や「ロボホン」でおなじみ、ロボ・ガレージの高橋智隆氏のデザインです。
高橋さんのデザインは、相変わらずカワイイ!!!
そして、宇宙ステーションで勤務している「キロボ」の、弟分というかミニサイズなんですね。
大きさも10cm程度で手のひらに乗るサイズ、直立や歩行はできず座ったままなのですが、会話能力がかなり高いらしいです。
専用のケースみたいなのに入れて、車の運転席の隣のドリンク立てに座らせておくイメージ。
これで、長距離ドライバーも孤独じゃないし、長時間の渋滞も苦じゃないぞ、という事なのでしょうが・・・。
せめてナビゲーター機能くらいはついてて欲しいよね?
機能の詳細がわからないのですが、会話だけではちと寂しい。ナビ機能と天気予報と電話機能(両手を使っている運転中に、他人とお喋りすることができたら良いと思う人は多いと思う)はつけて欲しいですね。
あと、ラジオ機能と音楽再生機能とカメラ機能をつけてくれたら、もうどこにでも連れて行っちゃう!
販売予定、価格等は未定らしいですが、最近この手のロボットが普通に世間に出回ってきて本当に嬉しい。
胸のトヨタのロゴマークが何ともいい感じです。

次に、ヤマハ発動機が開発した人型バイク乗りロボット「モトボット」
20151030-00000066-it_monoist-000-view.jpg
青いボディが何ともカッコいい、20世紀のSF映画に出てきそうな未来感のあるデザインです。
やはりこの、「人型」って所がいいよね。ただ単にバイクを走らせるだけなら、もっとメカメカした形のロボットでも事足りるのでしょうけど。
すごいと思うのは、この乗っているバイクが特にロボット向けではなく普通のバイクだということ。YZF-R1Mという型だそうです。
現在は遠隔操作で走っているそうですが、ボディの中に運転に必要な機能はすべて内臓されているので、操作といっても曲がる方向を指示する程度らしい。いやー、本当にすごいです~。

最後に、モーターショーで普通に働いていたという、「ペッパー」
mig.jpg
水素ステーションのブースで説明役として働いていたようです。

ところでペッパーって、最近ごく普通に街中で見かけるようになりましたよね?
娘がバイトしている某TSUTAYAに、なぜかコーヒーメーカーを売るペッパーが最近やってきたそうです。
営業のお姉さんが、大企業のエリートっぽい綺麗で上質な服を着ているのに喋ることが、
「ペッパーはー、皆に夢を与えるー、すばらしいロボットでー、」
みたいな喋り方で怖かったとか・・・。
貸しビデオとコーヒーは関係ないにも関わらず、ペッパーは無事店内に設置され、それなりに子供たちにも人気だとか。
(こないだこっそり見物に行ってしまいましたが、愛想よく働いていました)
ところが、このペッパー、すぐに故障してしまい、電源が落ちると直立して立っていることができなくなって、OTZみたいなポーズになってしまうんですって(笑)
娘は「あんな姿は見るに忍びない」と言っています。
個人的には、ペッパーは下半身が人型じゃないからあんまり好きではないです。
やはり2足歩行こそがロボットの目指すべき姿!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1287-1b5fdd2f

 BLOG TOP