プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


早いもので今年も総決算の時期がやってまいりました。
今年は個人的に「豊作だった」と感じる年でした。特に映画とアニメにそれを感じます。
非常に自分の趣味に偏っていますが、各ジャンルの今年のベスト3を発表いたします。

【映画】
①「ベイマックス」
王道ど真ん中のストーリー、丁寧で美しい画面、随所にあふれる日本趣味の楽しさ、どこを取っても100点満点!
ディズニーアニメらしい変なポジティブさや調子の良ささえ合わせ持ちつつ、ヒーローものとしてのシビアさ(強い責任感、自己犠牲の精神が無い者は私はヒーローと認めません)もちゃんと備えている。
画面の細部にまで心躍るポイントがいっぱいあって、スタッフが、楽しみながら作ったんだろうなと思えます。

②「マッドマックス・怒りのデスロード」
個人的に近未来ヒャッハー映画は別に好きではないのだが・・・この映画に関しては、認めざるを得ない!
カルトムービーになるべくして、あっという間にカルトムービーになった映画。
どの場面を取っても、絵になる画面。登場人物たちのコスチューム、というかいでたちも素晴らしい(コスプレし放題)。
まったくダレることのないスピーディな展開、最初から最後まで、ワクワクが止まらない!
B級SFへの愛、アクションへの愛、映画への愛。
献身的なまでの愛を感じる映画でもあります。

③「セッション」
上の2作が「傑作!」だとしたら、コレは何なんだろう・・・。
ストーリーがどうこう以前に、役者が凄い、ってか役者が怖い。
感動はするんだけど「( ;∀;)イイハナシダナー」というよりは、ゾッとして鳥肌が立つ。
狂気を宿した役者2人の鬼気迫る対決、特にラストの演奏は鬼神の如きすさまじさ。
上の2本は多分に個人の趣味だけど、この映画は誰が見ても鳥肌モノだと思います。

【アニメ】
①「おそ松さん」
評判が良いのを聞いて、途中で見始めたのでまだ何話も見ていないのですが・・・。
往年の「マカロニほうれん荘」や「不条理日記」を思わせる勢いのいいナンセンスギャグの連続に、今やすっかり松ガールに。
(ちなみに14推し)
腐女子狙いと言われますが、BL文化さえもメタな視点から笑い飛ばしているように見えるのですが・・・?
うーん、でも、絵柄が思い切りポップなせいでよけいに女の子に人気なのかな? 女の子は中身は同じでもカワイイパッケージに入っているものに弱いですから。
イヤミがスタイルが良くって伊達男なのも好きです。イヤミって、どんどん美化していくとブチャラティになりませんか?(笑)

②「ワンパンマン」
本当はこっちが今年のNO.1アニメの予定だったのですが・・・。
もともと原作が面白くて大好きな上に、オープニングのカッコよさ、戦闘シーンの迫力、深海王vs無免ライダーの演出の盛り上げ方などなど、アニメならではの美点が数多くあって、毎週感嘆しながら見ております。
海外でも大人気の模様。

③「怪盗ジョーカー」
小学生向け雑誌「コロコロコミック」連載漫画のアニメ化。
正直、「おそ松さん」や「ワンパンマン」などのオサレなアニメより、ジョーカーのほうが心が安らぐというか癒されるというか、自分には向いている気がします(笑)
このアニメはキャラデザインもカッコ可愛くて色も綺麗で、原作漫画より完成度が高かったので本当に毎週いとおしい気持ちで見ていました。ぜひまた続きを作っていただきたい!

【小説】
何と言っても今年は円城塔が新刊を3冊も出しましたからね!
3冊とも円城でキマリです!
①「シャッフル航法」
表題作の衝撃が忘れられない・・・。

②「エピローグ」
アラクネと朝戸のコンビ(カップル?)が可愛くって可愛くって。

③「プロローグ」
何を考えているんだこの人は、と改めて思いました(笑)

番外
④「淵の王」舞城王太郎
円城作品以外で一番印象に残ったのがこの本。
ぞっとするホラーであると同時に、少年少女たちの生の苦しさを描き切った作品で、個人的には「ディスコ探偵水曜日」以来の傑作ではないかと思います。

あと、今年は「ドライブ」と「ゴースト」、2本の仮面ライダーが両方とも個人的にヒットしているおかげで、ますます「豊作だ!」感が強かったです。
来年も楽しいものや好きなものが一杯増えるといいな。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1305-adf992f4

 BLOG TOP