プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


泣いた・・・

涙腺ユルユルの自分、12話で主人公が退場することは絶対ないと分かっているものの、タケルの柔らかい笑顔につい涙・・・。

そして軍服美中年のジャベルさん、早くも退場。
もっと華やかに活躍してほしかったけど、まあ、ゴーストの進化のきっかけとなったのだから良しとしようか。
でも外見的にあまりにカッコ良かったので、せめて20話あたりまで出て欲しかった。あの広い額とひるがえるコートの裾がもう見られないと思うと残念です。

さて、もう毎週褒めまくりのタケル役西銘くん。
今週も、どんどん変化する表情の豊かさに目を奪われます。
特に、天上界(?)から降りてきたときの、一段と覚悟が深まったような、決意を感じさせる精悍な顔つきがいい。今まで見たことのなかった顔を毎週見せてくれます。
その後の、炎に包まれての変身もチョーカッコイイ!
新しいフォームになって、スーツアクターの高岩さんが、今までの愛嬌のある男の子の動きではなく、ウィザードのインフィニティフォームやドライブのトライドロンフォームの時のような、自信満々、傲岸不遜な態度になるのがまたカッコイイ。
御成サンと共に、滝に打たれるシーンは良く撮りましたね!
あれって、大声で叫んでいないと滝の圧力に負けちゃうって聞いたんだけど、撮影も大変そうでした。

そして、こだわりやプライドを捨てられないマコト兄さんもいい味出してますなあホクホク
ジャベルに圧倒されて変身解除、立ちあがれなくなっても目つきだけはギンギンと鋭くて、西銘くんとはまた違った、いかにも特撮ヒーロー向きな熱っぽさがあります。
あと今週は、カレンダーに×をつけて思わずしのび泣く御成サンも良かった。

しかし12話でこんなに盛り上がるとは。
1週1話のペースだから進行が早いのかな?
西園寺さんも早々に退場してしまったし、この先、予想もしない展開が次々にあるのかもしれないと思うと、今後も期待せずにはいられません。
今年もありがとう仮面ライダー!
来年もよろしくねー!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1312-b3f7e4ab

 BLOG TOP