プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


NHKの大河ドラマ、「真田丸」、まだ3回しか放映していませんがすでに傑作の気配が濃厚。
今季の朝ドラ、「あさが来た」もそうなのですが、面白いドラマって前後の脈絡なしに、突然1回だけ見ても面白いんですよね。
更に、途中から10分くらいだけ見ても、その10分が面白い。
脚本に隙がなく、かつ主役級の役者が上手くていい味出してる、という事なのでしょうね。

「真田丸」に関していうと、とにかく真田家当主の真田昌幸役、草刈正雄がイイ!
草刈正雄って私の若い頃は、角川映画に出てるソース顔イケメン、という印象しか無かったのですが、こんなに良い按配に年齢を重ねておられたのですね・・・。
大胆でなおかつ用意周到、適当かと思いきや慎重で、大志を抱いているように見えて私欲に走り、ワガママな奥様を軽くあしらい、息子たちを手玉に取る。
キャラ設定が良いのはもちろんなのですが、そんな、豪快なようで計算高い男を草刈正雄が演じ切ってて更に魅力が増しています。
そのうえ、その真田家の長男が単純バカの信幸(大泉洋)、次男が愛嬌一番の信繁(堺雅人)。
この二人の表情の豊かさ、愛さずにはいられないキャラ立てのうまさ。
もう、この3人を見ているだけでも十分面白い。

歴史ものは苦手で、大河ドラマも毎年のように途中リタイアしてしまう自分ですが、今年は最後まで伴走できそうです。
日曜夜に楽しみができて、嬉しいかぎり。
猿飛佐助とか本田忠勝とか、ゲームやエンタメ小説でおなじみのキャラが続々と登場するのも楽しいし、脚本が基本的にギャグ路線なのも洒脱です。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1327-f15af779

 BLOG TOP