プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ「おそ松さん」のDVD第一巻が1月末に発売になり、初回だけで8万本売れたそうで、ネットのあちこちで話題になっていました。
そこで男性陣が理由として挙げているのが「腐女子狙い」の言葉。
もう、腐女子狙いなら何万本売れようと仕方かない、キモいんだよ、あざといんだよ、と思考停止しておられますな。

まあ、今までの腐女子ウケ作品、例えば「弱虫ペダル」とか「ハイキュー!」とかのアニメのDVDがどのくらい売れたのかあまり知らないので、以下、乱暴な発言になってしまうのですが、「おそ松さん」は腐女子アニメの中でもおそらく断トツの売り上げでしょう。
その理由はズバリ、「キレイで可愛い」からですよ!
「おそ松さん」の第一印象が、「ずいぶんキレイな絵だなあ」でしたもん。
青や緑の描線、紫の影。
カラフルな背景とキュートなキャラクターデザイン。
やっぱ女の子は、自分の手元にはキレイで可愛いものを揃えておきたいのですよ。化粧品なんかだって、ほとんどパッケージのデザインで選んでるんだから。自分の爪だってデコっちゃうんですよ? 乙女心なめんな。
しかも「おそ松さん」は長編ではなくて、短い話が何話も集まった作りになっているではないですか。
コレにまた、女の子は弱いですよ。色とりどりの宝石箱やお菓子の詰め合わせのようなものですよ。
その上、ギャグなので何度も見ても重くない。「進撃の巨人」とか、いくら好きでも何度も見てたら暗い気持ちになっちゃうものね。

・・・以上、見てきたように、「おそ松さん」には女の子が好きな要素が揃っていて、まあ売れるのも分かるな、という気がします。
「腐女子狙いだから」というのもまあ、はずれてはいないと思うのだけど、「おそ松さん」は腐女子文化、BL要素をむしろ笑いのネタにしているじゃないですか。F6の出てくる回(第一話、クリスマス回、松戸松楠)は完全にBLをギャグとして扱っていますよね。
ただ、腐女子というのはことのほか自覚的で自分を客観視している人が多いので、ストレートな腐女子狙い(「「コー〇ギアス」とか「うたのプ〇ンスさま」とか?)よりもむしろ、こういうお笑いネタのほうが好感度が高いのでは。

あと、「声優が豪華だから」というのも良く聞く理由なのですが、私は声優のことは全然分からないので、そこには言及できません。
個人的には、声だけで選んだら、トッティが好きかなw
ごひいき声優に惹かれて「おそ松さん」を見始めて、そのままハマってしまった女の子も多いんだろうなあ・・・。

「おそ松さん」の大成功を受けて、おそらくアニメ会社では過去のアニメ作品のリメイク企画が多数持ち上がっていると想像されますが、まあ、女の子に買ってもらおうと思ったらとにかく絵がキレイで可愛くないとダメだと思うよ、というお話でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1329-633fbba9

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。