プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ジュウオウジャーのメイン脚本家は私の大好きな香村純子さん。
今週の「リングに吼えろ」は、短い時間の中にも香村さんならではの心理描写というか、男のロマンが感じられてとっても良かったです。

デスガリアンの怪人に捉えられたレオとセラは、リングの上で戦わさせられるのだが、レオは女であるセラを本気で攻撃することができない。一方セラは、レオが本気を出さないことに対して、「女である自分を舐めている」と怒りを抱いている。
セラの「女としてのプライド」にも共感できるし、レオの「女に本気出して勝っても恰好わるいだけ」という言葉にも共感できる。
セラにはプライドを貫くことで華を持たせ、レオには「理屈じゃねえんだよ。オレ馬鹿だし」というような、駄目な男の恰好良さを出して華を持たせ、見終わったあと、どちらも好きになれる良い話でした。
レオの男くさくて馬鹿っぽい感じは「ウィザード」の時のコースケ(ビースト)に似ていて、私の好きなタイプです。さすが香村さん、男の可愛さみたいのを出すのも上手です!

ただ今週でいうと、タスクが靴下の匂いを嗅ぐ話、ちょっと引っ張りすぎじゃないですか?(笑)
「セラの靴下はさすがにマズイ」って、私、言われてもしばらく何がマズイのか分からなかったし(笑)
子供と一緒にTVを見ているパパやママ、子供に「どうしてマズイの?」って聞かれて動揺しちゃってたんじゃないかと心配ですw
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1341-8c90acbe

 BLOG TOP