プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


冴え渡る香村節! 
そしてレオ役の南羽翔平くんにメロメロ

久々に、私の日曜朝が7:30スタートになっておりますよ。
初回放映を見た時は、役者にもガワにも華やかさが無いような気がして、「大丈夫かな・・・」とまで思っていたのですが、さすがは私が神とあがめる香村先生。
回を追うごとに、それぞれのキャラを立たせるエピソードが積み重なって、もう5人全員が大好きになってしまいました。
30分の中に人生を感じさせるドラマを詰め込む脚本が素晴らしい!

特に第8話「サバンナのメロディ」は、ウィザードの時も感じた、香村先生独特の「いくら頑張っても、夢はかなうとは限らない。でも、夢を追うことでしか見えてこないものもある。夢が破れた絶望の中でしか見つからない希望や、ささやかな奇跡もある」という人生観というか応援メッセージが色濃く感じられ、「リングにほえろ」と共にシリーズ中の傑作回と言っていいと思います。
また、この回ではギタリストを目指す青年、ダイスケ役の岩井拳士朗くんという俳優さんが、良いんですよ!
ちょっと物静かで植物系な感じ、顔立ちよりも背格好や髪型など、全体の雰囲気がイケメンな感じ・・・綾野剛に似ていると思ったのは私だけですか?
チェックのシャツをさりげなく腰に巻く着こなしも、スレンダーな身体に似合っていてナイス。

そしてこのダイスケの作った曲を聞いて踊りだすレオの反応がもう、可愛くって可愛くって・・・!
バク転まで披露してくれましたね。
借りっぱなしだったヘッドフォンをダイスケに返す時の、ちょっと肩をすくめて「ゴメンネ」って顔をするのもカワイイ。
南羽くんの動きの表情が豊かで、画面に映っているとついつい目で追ってしまいます。
動きがヒョコヒョコしていて、ライオンの貫禄というよりは子猿の愛嬌なんだけど、もうそんな事はどうでもヨシ(笑)
そもそも、レオが木の上に上って寝るのもライオンというよりはヒョウの行動だろうと(笑)
スーツアクターさんも、イエローの人はレオと同じくヒョコヒョコした軽い動きなのが可愛いです。

あとやはり、ジュウオウジャーは悪役サイドが全員恰好いいのがたまりません。
ジニス様など、久々に見る大物感、「ザ・ラスボス」の風格。やっぱこうこなくっちゃね!
ひさしぶりに仮面ライダーではなく戦隊にハマることができて嬉しいです。
シアターGロッソのショーにも行っちゃおうかな~ww
関連記事
スポンサーサイト

コメント

私もレオくんに惚れ倒してますv

お久しぶりです。
PC不調かお忙しいのかな?と思いつつ、まさかご自身かご家族に大事でも?と心配になってました。
メールして煩わせるのもどうかと悩んでた所です。ご無事で良かった~(嬉)

「リング~」「サバンナ~」はまさに神回!ですよね。
レオくんの豪快・陽気・一本筋の通った漢ぶりと愛らしさのギャップにすっかり魅了され倒してます。

これ絶対、南羽くんの努力と才能の賜物でもあると思うんですよ。
最新回だったかな?背景で、レオが画面奥で一人だけ四つ足で走って去るシーンがありました。
それがまた実に見事な大型猫科走りでして、この子どんだけ研究熱心なんだと。

ほんと見てるだけで愛らしくて、安心感があって和みます♪
セラとのCOOL&FIREなコンビっぷりも適度な距離感が気持ちいいし。
久々に「先が期待できる」貴重な戦隊でほんと嬉しいですわ。

ご心配おかけしてごめんなさい

お久しぶりです~!
ご心配おかけしてたようで、済みませんでした。
いやもう本当に、ただダラけてただけなんですゴメンナサイ。

いやー、それにしてもジュウオウジャー好調ですね!
レオ(南羽くん)もいいけど、サラのプライドが高くて素直じゃない感じも好きです。ツンデレ、じゃないよね多分。仲良くなってもデレデレはしなそうなタイプ。
「リング~」はそんなサラの、女のコのカッコ良さをしっかりアピールする話でありながら、自分が泥をかぶる男の馬鹿さがまたカッコイイという、私のストライクゾーンど真ん中の話でした。
あの回でサラとレオが「喧嘩相手」のフラグが立って、それ以降、ちょいちょいと角突き合わせているのも微笑ましい。
(サバンナのメロディの特、レオが大声を出してサラが後ろの方で頭を押さえてクラクラしてる小芝居も可笑しかった)

レオが四足で走ってるのも、もちろんチェックしましたよ~!
あの身軽さはすごい。
「ウィザード」の時のコースケに通じる、馬鹿野郎な感じ(もちろん褒め言葉)もいい!

ここ最近、どうも戦隊にハマれなくて、「さすがにもう年か・・・」と思っていたのですが、そういう問題ではなかったようでヨカッタヨカッタww

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1344-71f07da8

 BLOG TOP