プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

言いたいことは色々あるけど、少なくとも前の佐野サンのエンブレムよりは遥かに良い!

藍染の市松模様というのがいかにも地味で華やかさが無いと最初は思ったのです。
しかし色々と話を聞いていくと、このエンブレムというものは版権だの商標登録だのがやたら面倒くさくて、諸条件をクリアするだけでも至難の業。(例えば、イメージが固定されている富士山などは使えない、らしい)
あと、この先あらゆる形態や素材の商品にこのエンブレムが印刷されていくわけで、その際に例えば、微妙なグラデーションなどは表現しづらくなってしまう、とか。
(あと、桜や集中線模様は隣国がケチをつけて面倒くさくなりそうw)

そのようなことを考え合わせると、このエンブレム、江戸にしかない伝統と粋を表現した、とても良いデザインのような気がしてきました。あえて華美を避けるという日本的わびさび発想。
藍色というのも涼しげですが、商品によって色を変えても良いなら、紅白も日本らしくて華やかで良いですね。5輪の色それぞれで染めた手ぬぐいなども渋カワイイ。
インクの色が1色で済むので。商品展開もしやすそうだし、連続模様のようにして布に印刷すれば、更にイメージが膨らんできます。
藍染めの藍にこだわって、東京全体を藍色で飾るというのも素敵かも。藍色といっても、浅葱色や甕のぞき色など、水色っぽくて爽やかで涼しげな色もあるし、なんといっても日本の夏は浴衣!
あのエンブレムを小紋のように散らして、藍染めの東京五輪浴衣など売りだせば、外国人にも喜んでもらえそう。
・・・と、いうように、何だかこの記事を書いている最中に、どんどん私の中でこのエンブレムの評価が高まってきました。
歴代エンブレムの中で見ても異彩を放っているし、家紋などのイメージもあって日本的な感じがするし、一見地味なだけに、非常に使い勝手が良いデザイン。
オリンピックが終わってからも、世界のあちこちで末永く使っていただけるかも。
うん、これに決まって、本当に良かった!
(今回も出来レースだったとかソウカのマークに似ているとか、いろいろ聞こえてきていますが、あえてそういった裏側は無視しました)

・・・ただまあ、最初の招致の時の桜のエンブレムが一番良かったんだけどね・・・
なんていうか、オリンピック委員会とかの権利権益に振り回されてしまった感じ。今回はもう時間もないし決まったことだから従うし、めいっぱい盛り上げたいと思うけど、次回がもしあるのなら、商業的になりすぎたオリンピックというものの体質を考え直してから開催してほしいです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1351-a6338c32

 BLOG TOP