プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ヤベエ・・・可愛い!
君のことだよ南羽君!

ユリちゃんこと乃木坂46の井上小百合さん(戦隊シリーズのファンだというのが嬉しいじゃあないですか)も、もちろん可愛いんだけどね。
でも、そのユリちゃんに一目ぼれするときのレオの「ヤベエ・・・可愛い」にはもう丸ごとハートを持っていかれましたわ~!
冒頭で、レオが町中で女の子に声をかけまくったあげく、ちょっと怒ったヤマトと顔を合わせて言葉を失い無言で見つめ合う場面も可笑しい。
まあ実際、あんな押しが強くてウザい奴が身近にいても「可愛い」なんて微塵も思えないんだろうけどね・・・。
そのレオが、自力でユリちゃんを守ることができないと知って、また、ユリちゃんの心が自分には向いていないことを悟って、ヤマトに土下座で頼み込むシーンもいいし、ヤマトがそんなレオの傷心に気遣いを見せ、静かに励ます場面もいい。
二人の男の二通りの優しさが良く分かります。

そんな時、第3の男ことタスク君は何をしていたのかというと・・・。
罠にはまりまくっていたー!(大笑)
なんかもうね、最近の私、レオよりもむしろタスクの方が好きみたい。
タスクが何かしゃべるたびに、「よし、セーフ」(上手に言えたとき)とか「チッ!」(棒読みだったとき)とか、TVを見ながら独り言を言うようになってしまいました。
タスクが画面に入ってきただけで、眼が追ってしまう・・・何かやらかさないかと心配で(笑)
なんかもう、甥っ子とか友人の息子を心配するレベル(笑)
今週は特に、タスクの不器用さというか、罠とかに素直にかかってしまう愚かさ、ドジっ子ぶりが堪能できて良かった~!
冷静沈着クールガイなのにドジっ子、って、キャラとしてもいい感じですねw

そして、やはり恐ろしい子、アムちゃん!
いち早くユリちゃんの気持ちに気付く敏感さ、一人だけ器用に罠にかからない要領の良さ、ユリちゃんに「ヤマトくんの事が好きなの?」と直球の質問を投げる大胆さ(レオにもヤマトにも、絶対できない質問だと思う)、イケインコ写真にはしゃぐ女子力(?)の高さ。
普通なら「ぶりっ子」の一言で終わってしまうキャラ設定なのに、嫌味がなくって可愛いったらありゃしない。

来週はそのアムちゃんが主役の回とあって、また彼女の新しい一面が見られると思うともう今からワクワクです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1356-23698f37

 BLOG TOP