プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ワイ、ジョジョアニメ4部が好調すぎて深夜ひとりむせび泣く・・・

いやー、素晴らしいですね4部!
もともと、原作のコミックスでも4部が一番好きなのですが、アニメは原作の良さを活かしつつオサレを乗せてきてるのがたまりません。
原作でも、裕ちゃんやエニグマのあたりから、3部までには無かった「ファッショナブル感」が濃厚に出てきて、それがまた大好きだったりするのですが・・・。

とはいえ、7話の間田のあたりではまだそんなオサレ感はなく、ヤンキー漫画みたいな泥臭さが残っているのがまたイイ。
この間田にしろ6話のタマミにしろ、後日譚ではしっかり(康一の)友人になっているのもイイですね。
しかも次週予告が、ついに由花子さんキター!!!
ジョジョ原作を読んで、最初に衝撃を受けたのが由花子さんの「ラブ・デラックス」だったし。4部が4部っぽくなったのはここからだと思っているので、もう次週を心待ちにしています。
由花子さん、今週もチラッと登場していましたね!

アニメが面白いので、原作のコミックスを最近読み返したりしているのですが、改めて思うとこは、
「仗助って気が小さくて甘えん坊だなあ]
という事。
わりと事なかれ主義というか、自分に直接の影響がない限りは自分からは動こうとしないとこがあります。
それに対して、康一くんって決断力があって器が大きくて度胸もありますよね。由花子さんが見込んだ男なだけのことはあります。
ラブ・デラックスの時も、康一くんは序盤で由花子さんに対して、
「こわいけどビシッと断るよ」
という気持ちでいたんですよね。でも仗助が、
「そんな事したらあの女何をするか分かんねえよォ~~~。こっちから嫌われる作戦で行こうぜェ~~」
などと言って、直接の対決を避けようとするのですよ。
だから気が小さいというより、無駄に優しすぎるのかも知れないけど。(そこがまた良いんですけどね~!)
あと、承太郎さんとか老ジョゼフが相手だと、ちょっと甘えた子供みたいな態度も見せる。
でも、正義感と責任感は、しっかりと持っている。
うーん、つくづくいいキャラだなあ。
グレートですよ、こいつは。

そして馬鹿なだけに素直で罪のない男、億泰。
億安の短ランのキュッと締まったウエストが、また恰好いいんだよなあ・・・。

そして、こんなに面白いのにまだ露伴も吉良も、影も形も出てきてないない(吉良は一話の冒頭シーンで存在をにおわせていた)という驚異の事実。
これからまだまだ面白くなるってこと。グレートですよ!

個人的には宇宙人を出して鉄塔までやって欲しいのですが、鉄塔って、話数が足りないと真っ先にカットされそう・・・(T.T)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1360-573dbd4c

 BLOG TOP