プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ナディア様は、馬鹿がおキライ・・・

あの、いつも女らしく控え目なナディア様がドロボーズを片隅(校舎の裏的な)に呼び出して、ヒザ蹴りをくらわして壁ドンで恫喝!(笑)
更に、ドロボーズ巨大化を手伝うも、
「これでオレも大泥棒だ~!」
のセリフに対して、
「ただの巨大ドロボーでしょ」
と、冷たいツッコミ!
いやー、ナディア様がこんなに感情的になられるとは・・・。ナディア様のタイプは、頭脳派冷静沈着タイプなんですね。
と、いうことは・・・。
ジュウオウジャーでいうと、レオは嫌われてタスクは好かれるタイプか。
ジュウオウジャーに悪役美女(ガワでないお色気お姉さん)がいないのを、かねてより残念に思っていましたが、なんかこの先、ナディア様が人間(美女)に化けてジュウオウジャー達を攪乱、という話も出てきそうな気がする。
その場合、レオは真っ先に
「うおっ! なんていい女なんだー!」
とメロメロになってしまい役に立たず、ナディア様に罵倒されて欲しい(笑)
そしてタスクが
「おかしいぞ。彼女はなぜ、こんなに強く香水をつけているんだ。まるで、何かの匂いを隠しているみたいだ・・・」
とか疑ってナディア様に、
「やはりお前は頭が切れる。籠絡のしがいがあるというもの」
とか言われて強力お色気ビームを浴びせられて骨抜きにされる、とかそんな展開を希望(笑)
そして二人は、怒ったセラとアムに頭を殴られて目が覚める、そんな展開を熱望(笑)

さて今週の話は待望のアムちゃん主役回だったのですが、彼女自身の話ではなくて不破兄妹の話だったので、あまりアムの内面に立ち入った内容ではなくやや残念。アムちゃんにもアムちゃんなりの、要領のよすぎる女の子なりの悩みがあると思うので、そのへんの話を見てみたいのです。
しかし、不破兄妹がいい演技をしていて、とくに妹役の白本彩奈ちゃん、ちょっと下がった眉毛が、若い頃の蒼井優みたいですごく可愛い! 兄妹の会話には泣かされました。
アムちゃんは、博物館の中でドロボーズと対峙した時の、両足をガッと大きく開いて立っている姿が良かった!
表情も、大げさじゃないんだけど強い怒りが伝わってくるような・・・。
立石さんって、アムと同じく器用で要領のいい役者さんなんだろうな、と思います。そういうとこも、なんか好き!

ラストは、あまりの救いの無さにちょっと、
「え? これで終わり?」
と驚いてしまいましたが・・・。
まあ、お金にからむ話なだけに、ジュウオウジャーにもどうしてやることもできなかったのは分かるんだけど・・・。
今回の脚本は荒川稔久さんという方ですが、香村先生だったら最後にちょっとだけ、希望を匂わせてくれると思うの・・・。
お金を届けられた銀行の社長が不破兄妹に同情して、5千万を無利子で貸してくれるとか。
あの銀行から研究費を援助されていた医者が、画期的な治療法を開発できた、とか。
やはり男性の脚本家だと、そういう甘さは許せないんですかね・・・。
公式サイトで次週予告を見ると、その荒川さんが今週とはうって変ったサスペンスフルな男のドラマを、レオとタスク中心に書いてくださっているようで、それはそれで楽しみです!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1361-2f6449d3

 BLOG TOP