プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

tumblr_static_tumblr_static__640.gif


「女の子が努力とガッツで夢をつかむ話」という時点で、まったく見る気がしなかったのですが、あちこちから良い評判を聞くので本日、会社帰りに映画館に行ってきました~(TOHOシネマズは水曜日がレディスデーなので1.100円で映画が見られるのよ~♪)

いやもう、マジで素晴らしかったですね!
私は基本的にディズニーの姿勢(「女の子だって、あるがままに夢をかなえよう!」みたいな)が好きではないのですが、それでも感心、いや、感動しました。
感動ポイントは次の3つ。

①画面が美しい
ディズニーの前作「ベイマックス」の、舞台となるサンフランソウキョウの、エキゾチックかつ近未来的な都市デザインにすっかり感銘を受け、「ベイマックス」はディズニーCGアニメの最高傑作だ! と信じて疑がっていなかったのですが、この「ズートピア」の舞台となる都市、「ズートピア」の美しさと魅力は、軽々とそのレベルをクリアしています。この映画、タイトルが「ズートピア」なのも納得です!
(軽々と超えた、とは言いたくない・・・。サンフランソウキョウとズートピア、どっちが好きかは個人の趣味だと思うので)
乾燥した砂漠地帯と熱帯ジャングル、更に氷の大地とタイテク大都会、4つの顔を持つズートピア。
ネズミなどの小さい動物たち用の小都市が隣接しているのもオカシイ。

②テーマが今日的
「女の子だって、頑張るんだもん」というテーマについ目が行きがちですが、ウサギの警官ジュディが取り組む連続失踪事件の背景には、人種差別、多文化共生、弱者や差別される側(この映画では草食動物)の被害者意識ゆえの傲慢、などなど、あまりにも現在の世界を映した数々の問題がありました。
ズートピアのライオン市長が、副市長にヒツジを使っているのは、選挙のときにヒツジの票田が欲しいがため、だったり。
映画の中で、事件はとりあえず平和的に解決するんだけど、正直この先、ズートピアでこれらの問題が消える日はくるのだろうか・・・。
お互いの体のサイズが違いすぎて、レミングの銀行で発行された書類をキリンが読むことは不可能だろうし、逆もまた無理だと思う。見れば見るほど、多文化共生の困難さを考えてしまう映画なのですが・・・。

③キャラが魅力的
主人公のウサギのジュディは頑張り屋さんすぎて、どうも気に入らない(ヒネクレ者で済みません)のですが、ズートピアの動物キャラたちがあまりに魅力的。
特に笑ったのが、免許センター(?)にいる、ナマケモノのフラッシュ(画像ではミントグリーンの半そでシャツを着ている奴です)。
冗談を言われて笑いだすリアクションとか、ホントに映画館の中で爆笑してしまいましたよ~!
あと、「ゴッドファーザー」みたいなロシアンマフィア(?)のドンも可笑しいし、インドかぶれのヒッピーみたいなヤクもあるあるだし、警察官の署長の超マッチョな水牛もい味出してます。
そして何より、主人公ジュディの相棒になる、キツネのニックがイケメンなのよ~♪
こすっからいチンピラなんだけど、知恵は回るし情もあるし、割と傷つきやすかったりして、女子のハートをわし掴み!
いやね、映画が終わった後、、ニックのぬいぐるみを抱いた女子二人組が、人気のなくなった映画館のベンチにぬいぐるみを配置して写真撮影をしていたのを目撃してしまいましたわ。
おそらく彼女たちは、ズートピア(というかニック)にハマって、リピーターとして何度も映画館に通っているに違いない。
ああいう女子は、一人見かけたら30人はいると思わないとww
ニックが内省的になる時の、伏せた目もとが一重まぶたならではの切れ長な美しさなのは、「ベイマックス」のヒロを見た時も感じた事です。ディズニーでは今、一重まぶたがブーム?
あと、エンディングでお色気たっぷりのガゼルの歌姫が、半裸(?)の東洋風イケメンマッチョな虎ダンサーズを従えて歌って踊るのも見応えがありました。

「生まれや素質に関係なく、頑張れば、夢はかなう」というテーマは、子供に夢を与えるという意味では良いのかもしれませんが、どうもこの歳になると「それって、いささか無責任では?」と思ってしまいます。
「仮面ライダーウィザード」や「動物戦隊ジュウオウジャー」で素晴らしい脚本をお書きになっている脚本家の香村先生(私が神とあがめるお方)だったら、「どんなに努力しても、夢はかなうとは限らない。でも、その絶望の中でこそ見つかる希望の光もある。だから、自分が納得いくまで努力してみたらいい」というストーリーを書くと思うのですが・・・。
念願の警察官になれたジュディですが、この先、凶悪な大型動物や肉食動物がひしめく大都会ズートピアで、タフな警官にまじってタフな業務をこなしていけるのか、ちょっと心配です。
結局、駐車違反取り締まり係になってしまうのではないかと・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1363-22eb3f3c

 BLOG TOP