プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ええ話や~! ・゚・(ノД`;)・゚・

今週の怪盗ジョーカーは、映画「スパイダーマン」とアニメ「ワンパンマン(無免ライダーの回)」を組み合わせてコミックス「サイボーグクロちゃん」風味で味付けしたような、「なんか見たことあるー!」と言いたくなるようなストーリー。
でも、ラストでホロリとさせてくれるのは、やはり今回のゲストキャラ、レインボージャスティスの熱いヒーロー魂のおかげです。

ニューヨークの大銀行にお宝を盗みに行く怪盗ジョーカー。
(なぜニューヨークなのか、という疑問は、やはり「スパイダーマンっぽいから」としか答えようがない)
そこを狙う、デビルファングの一員、スパイダーエース。この男、髪や歯がいちいち尖っていてカワイイのですが、なんとスパイダーマンみたいにクモの糸を発射する能力を持っていたのね。スナイパーとしてよりも、この能力が強くてあなどれない。
しかし、一旦心が折れると、挽きたてのコーヒーを無理やり飲ませないと回復しないという、なかなか面倒くさいキャラでもありました。
そこに現れた「レインボージャスティス」と名乗る青年は、手製の強化スーツを身にまとい、銀行内の人質を救出しようとするのだが、まったく弱くて何の役にも立たないどころか、ジョーカーに助けてもらう始末・・・。

この、レインボージャスティスのね、力も能力もないけど、ヒーローとして人々を、子供たちを守りたいという思いがね、そのまんま「ワンパンマン」の無免ライダーと同じでね、この手のヒーローに私は弱いのですよ・・・。
ヒーローの第一条件って、強さではなくて責任感なんでしょうね。
例え彼らが、凶悪な敵の前になすすべなく倒れたとしても、彼らこそ「ヒーロー」と呼ぶにふさわしい魂を持っている、と言える。
それがよく分かるのが、今回の話の最後で、レインボージャスティスに助けられた男の子が「レインボージャスティスは、ボクのヒーローだ」と言う場面。幼いころのレインボージャスティスがテレビの中のヒーローに憧れて、自分もヒーローになろうと頑張ったように、この男の子も大きくなったらヒーローを目指すのかも知れない。
弱くて役に立たないヒーローはヒーローじゃないだろ、ただのコスプレ男だろ、という批判も、もちろんあるわけですが、自分を犠牲にして喝采を求めず、今、自分がやらねば誰がやるんだという強い責任感で弱いものを守ろうとする、そのヒーロー魂は、その熱い生き様は、人から人へと伝わって永遠に生き続けるものなのだ、ということを、男の子のたった一つのセリフで表現しつくしていました。
やっぱり、いいですねヒーロー物は・・・。

・・・と、いうわけで今週はジョーカーのことはどうでも良い(ヒドイ)のですが、相変わらず色指定がキレイなアニメでした。
ジョーカーとジャスティスが屋上で話す場面、夕陽の中の逆光の扱いとか、見ていて驚くほど新鮮で美しい。私は普段あまりアニメを見ないけど、過去の記憶をたどってもアニメの色(背景ではなく)がキレイで驚いた覚えがあまりないです。
かといって変に意識高いわけでもなく、普通に子供むけのアニメとして賑やかで派手な配色なのも凄いと思う。
あと、どうでもいいけどプレジデントDの食べている柔らかそうなステーキの上にガーリックのスライスが乗っているのを見て、「作画の人、料理のことを分かってるな・・・」と思いました。
毎週プレジデントDの姿を見ては「ステーキ食べたい~!」と娘と騒いでいますw

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1369-a9849624

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。