プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


来週はお休み。。。( ´゚Д゚)・;’.、ゴフッ

オーマイガー!
このタイミングでお休みって何なのー!
たかがTV視聴でこんなにもハードなダメージを受けるとは思わなかったわー!
ジュウオウジャーはもはや私の生活の一部、というか生きる糧になっていたのでした・・・。

さーて、気を取り直して今週のジュウオウジャーだよっ☆
ザ・ワールドが早くも弱くなりかかっててワロタよねっ☆

ジュウオウジャーのいい所の一つは、敵サイドの充実っぷりですよね。
特にボスのジニス様の、ゲーム感覚が良いです。単純なゲームには倦み疲れてしまった連戦連勝のゲームプレイヤーとして、自陣に不利なハンデを負ってでも、ゲームが均衡して面白いものになることを望んでいる。
だから、今週も「もっと時間をかけて楽しみたいから」という理由で、ジュウオウジャーを倒す直前のタイミングでザ・ワールドを退却させてしまったりする。
特撮を見ていて、悪役の不自然な退却のたびに、「なんで今、とどめを刺さなかったんだー!(ここでヒーローが死んだら番組が終わってしまうから。ええ、分かってんですけどね!)」とTVの前で何年もツッコミを入れ続けてきたのですが、ジュウオウジャーに限ってはそんなツッコミを入れる隙さえない。
うーん、素晴らしい。

ザ・ワールドのあまりの無敵ぶりに衝撃を受け、意気消沈してしまうジュウオウジャー。
ここで皆の気持ちを明るくしようと、動物コスで乱入するマリオおじさんの優しさが沁みる・・・。
マリおじさんって、敵方の秘密を知っているわけでもなく、新アイテムを開発してくれる科学者でもなく、古来から伝わる秘術の伝承者でもなく、ハイテク担当の管制室でもない。それどころか、レオたちジューマンの目的も、本当の姿すら知らない。
でも、ジューマンたちが帰る「我が家」「安全地帯」の主として、いつも包み込むように優しくそして明るい。
最初は「味方のリーダーがこんな人(何もできない・何も知らない人)でいいのか?」って疑問だったんですが、だんだん、この人で良かった、この人だから良かったと思うようになりました。
なんかね、番組を見て冒険心をいっぱいに持った子供達にとって、保護者がこんな大人であったらどんなにか心強いだろう、子供が少しずつ大人になっいくときに、こういう人がずっとそばにいてくれたら、どんなにか勇気がでるだろう、って思えます。
基本、ジュウオウジャーは、ヒーローというより悩みながら成長していく若者たちの話なのだろうな・・・。そしてそれは、子供たちへの応援のメッセージなのだろうな・・・。
メイン脚本が香村先生だから、余計にそう思えるのかもしれませんが。

それにしてもサイのコスプレを見てビビッてしまったあまり、ジューマンの姿に戻ってしまったタスクにはワロタww
タスクって最近、「おそ松さん」のチョロ松にしか見えないんですww

そして早くもヘタレ気味のザ・ワールド、次週19話のタイトルが「信じるのは誰」なんですが?
早くもヒーローサイドに転向?
いや、もうちょっと悩んでもいいからね?
1ヶ月くらいは、「おれは・・・おれは一体なにがしたいんだ? ウォオオーッ!」とか騒いでいてもいいからね?
ジニス様に新たに洗脳を強化されて鎖で縛られて電撃加えられて「うわあぁああーっ!」とか悲鳴あげてくれててもいいからね?
もっとだ・・・。もっとわたしを楽しませてくれ・・・。

ザ・ワールドの人間体、ほとんど上半身裸の背中しか見てないんですけど、なんか体脂肪率が低すぎる気がしてやや心配。
変にストイックな武術オタクとかじゃないだろうな・・・。個人の趣味として、もう少しふっくら柔らかい感じの肉付きが好き。
とりあえず、味方になったザ・ワールドがどんなキャラとして定着するのかを妄想して、この先2週間を乗り切りたいと思います(T.T)

・・・ってか、シアターGロッソのショーがザ・ワールド登場のバージョンに新しくなったようだね・・・。
行くっきゃないか・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1374-9a63734e

 BLOG TOP