プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ライトハンド奏法」に大笑い!

原作で読んだときより、演奏の音が入っているぶん、音石のキャラが立ってていちいち可笑しかったです~!
折られた小指で「レフトハンド奏法」って、ギャグなのかそれとも教育テレビ的な親切な解説なのか?(笑)
音楽に疎い私は思わず、「レフトハンド奏法」の意味を調べてしまいましたよ!
左手の指を酷使する奏法らしい。うーん、音石、頑張ったなあ。アッパレ!

海外のジョジョファンの感想を集めたサイトを読んでみたのですが、「ジョゼフがヨボヨボになっていてがっかり・・・」という声が多かった。
うーん、分かってないなあ皆さん。確かに2部のジョゼフは恰好よかった。
だがしかし、ヨボヨボになっても恰好いいのもまたジョゼフだけですぞ! 
ボケてもいい味だしてる承太郎さんとか、想像できないでしょうが!(仗助はいい老人になれそうな気がする)
次週が「やばいものを拾ったッス!」ということは、老ジョゼフの名セリフ「色をつけておるんじゃよ・・・」が聞けるというわけですよ。
あのセリフを聞いてもまだ「ジョゼフがヨボヨボでがっかり」なんて言う奴は「カッコいい」の意味をわかってない奴ッスよ!

今週の、父親に初めて手を貸す仗助がうっすらと赤面しているのも可愛かったですね~。
ボケたジョゼフに仗助が何かと振り回されるエピソードの数々も、微笑ましくって大好き。年の離れた、しっくり行ってない親子ですが、基本的に二人とも優しくってね、お互いがお互いの魂を少しずつ認め合っていく感じも好きだし、なんか男同士の秘密(母親の朋子に、結局会いにいかずに帰るところなど)を共有していくうちに無言の友情みたいのが生まれていくのも好きだし、なんだかんだ言って仗助が老ジョゼフに甘えている(最終回、別れ際のお財布のエピソードなど)も好き。
個人的には、ジョゼフは4部のおいぼれジョゼフが一番好き!
縁もゆかりもない透明な赤ちゃんをいつも優しく抱いていて、ついにはアメリカに連れ帰って養子にしてしまうのも、そのせいでスージーQと喧嘩して少しボケが直った、というエピソードも好き。

そして康一くんの、ハイテンション解説が実にサマになってきていて、もうこれは1部のSPW以来といってもいいのでは。
「ハイスピードもぐら叩き」から「直さないから、いいんじゃないかあ・・・」まで、今週は康一くんの話術も冴えまくりでしたね!
億蓁のしゃべりもイイんだけど、何しろ彼は「馬鹿」なので語彙が少ねえっつーかヨォオ~。
でも、ゲームのCMの「なんつーか手の中でバクハツしてるっつーカンジでチョーカッコイイぜェエ~!」のセリフには笑った。可愛いすぎか!

4部では、敵らしい敵は音石のあとしばらく登場せず、このあとしばらく重ちーだの宇宙人だのマンガ家の露伴先生だの、杜王町の変人たちとの楽しいエピソードが続くはずなので、もう楽しみでなりません。
あと、最近どうも仗助より億蓁のほうがカッコよく見えてきたんですが・・・。
仗助って、長ランのせいでスカートはいてるみたいに見えちゃって、目元も睫毛が長くてパチクリしてるし、なんか女の子みたいなんッスよ!
少なくとも学ランに関しては、億蓁の方が腰がキュッと締まって見えて恰好いいと思うの・・・。あと、緑の革靴もなにげにファッショナブルで好きです。
4部はみんなの学生服もカワイイんですよね~!
あと、裕ちゃんと未起隆がどんなスタイルで登場するのかも期待大。裕ちゃんのリボンはピンクがいいなあ~ww
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1376-33682454

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。