プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


61gNCQJUXqL__SX336_BO1,204,203,200_
津原泰水・著
幻冬舎・発刊

待ちに待った津原先生の新刊は、なんとも心躍る天才引きこもりたちのクライムノベル。
いや、クライム(犯罪)っていうほどの犯罪じゃないけど、なんかこう、仲間たちと組んで世の中を裏側からひっくり返すみたいな痛快感は、例えば伊坂幸太郎の「陽気なギャングが地球を回す」に共通する感じで、読んでいて楽しいんです。
しかも、この本の登場人物の多くは最初引きこもりなのですが、セラピストを名乗るJJに上手く乗せられて与えられたミッションをこなすうち、少しずつ、お互いにも社会にも心を開き、自分を肯定する強さを身につけていく。そこらへんのさじ加減というのがまた、津原先生ならではの繊細さで、甘すぎず、押しつけがましくもなく、けれどもしっかりと手を引っ張ってくれる感じ。
私は引きこもりになった経験が無いのですが、もし自分が10代のころ引きこもりになって、親とさえろくに喋らなく、こんなJJみたいなセラピストが現れたら部屋に入れて色々と話をしてしまうだろうな、という気がします。
JJは胡散臭い男なのですが、「正しい」ことを押し付けず、しかも情熱的。腫れ物にさわるような気の使い方はしないけど、そのぶん、ちゃんと相手を見てくれているんです。

JJが声をかけた4人のヒッキー(引きこもり)たち。
音声担当の少年、洋佑(コードネームはタイム)。
美術担当の美少女、芹香(パセリ)。
中年ハッカー、聖司(セージ)。
年齢性別不詳、コンピュータウィザードのロックスミス(ローズマリー)。
4人のコードネームはもちろん、サイモン&ガーファンクルの往年の名曲、「スカボロフェアー」より付けられたもの。昭和に青春を過ごした人になら、すぐにピンとくるネーミングですw
JJはまずこの4人に、「不気味の谷を越えた美女を創ろう」と持ちかける。
興味を惹かれた4人が、それぞれの得意分野を活かしてネット上で意見を出し合い、「アゲハ」という名の美女を完成させネットに流す。アゲハはたちまち話題となり、JJは次のミッション「未確認生物UMAを創る」を4人に与える。
その影で「ジェリーフィッシュ」と言う名のもう一人のコンピュータウィザードがJJたちのプロジェクトに侵入してデータを盗み、ウイルスソフトとしてばらまいてしまう・・・。

JJの真意がどこにあるのか、分からないままにそれぞれの意地やプライドをくすぐられて、少しずつ乗り気になっていくヒッキーたちの心理が丁寧に描かれていて、青春小説としても読めてしまいます。
津原先生の小説の登場人物たちはいつも心優しくて繊細で、そのぶん、傷つきやすくて心の病気を抱えていたりもするのですが、おそらく津原先生ご自身が、そんな、繊細な心をお持ちなのでしょう。そしてその繊細さが、弱弱しさというよりは鋭い刃物やカットされた宝石のように光り輝くので、津原先生の小説に出てくる人物(特に男性)は常に魅力的なのですよ!
同じく津原先生の、「たまさか人形堂物語」に出てくる人形師たちは別に引きこもりじゃなかったけれど、それぞれ違った魅力と繊細さを持っていたのを思い出しました。
ガサツで押し出しの強い、無神経な俺様たちの世の中に疲れたら、津原先生の世界で癒されましょう!

最後の方で明らかになる、ジェリーフィッシュの正体やJJの本当の目的など、見かけの派手さ(装丁もかなり派手)のわりに、最後まで心優しく後味の良い小説でした。とにかく、登場人物がいい人ばかりなので、みんな幸せになって欲しいと願わずにいられません。

ただこの本に出てくるヒッキー達、みなさん何らかの才能を持っているのよね・・・。
最後まで正体不明、コンピュータの向こう側にしかいないロックスミス(最後の方で「キャプテン・フューチャー」の箱男、サイモン博士みたいになって出てきたのにはワロタw)はともかく、本当に引きこもりで苦しんでいる人って、自分には何のとりえもないと思いこんでいるから苦しいのかと思っていたのだけど・・・。
この本に出てくるように、ある種の才能を持っているがゆえに、そこに他人が侵入してくることに耐えられなくて引きこもってしまう人もけっこう割合としては多いのかな。
インターネットという便利な道具を使って、ヒッキーたちが引きこもったままで世の中を動かしていく、愉快痛快な本なのですが、ついつい、
「これ読んで、『自分には何の才能もないし・・・』って、更に落ち込む引きこもりがいるんじゃないか」
と、ちょっと心配になってしまいました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1381-251bdbe5

 BLOG TOP