プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


みっちゃん、早くも無双状態!

先週あたりからもう、みっちゃんが飛ばしすぎでしょw
仮面ライダードライブのチェイスが終盤、何を言っても面白すぎて「チェイス無双」と呼ばれていたのを思い出します。
夏映画もすごく面白そうなんだけど、まだみっちゃんがいない頃の話かと思うとかなり残念、というか物足りない。
みっちゃんを見る前は、「この5人は全員すごく良いしバランスも良いし仲も良さそうだし、追加戦士なんて要らない!」と本気で思っていたというのに・・・。
「みっちゃん」として登場してからまだ1ヶ月も経たないのに、もはやみっちゃんのいないジュウオウジャーはチーズの載っていないピザ(具だくさんの平たいパン)、カレー粉の入っていないカレー(ふつうのシチュー)のようなもの・・・。知らないで食べればそれなりに美味しいのに、一度あるべき姿を知ってしまったら元の味に戻ろうとしても、どうしても物足りなく感じてしまうのです。
香村先生の脚本に、みっちゃんへの愛があふれているのとやはり、みっちゃん役國島くんの器用さや明るさ、テンションの高さが素晴らしい! 両方の力があいまって、どんどん強力な「みっちゃん像」が形成されていっている気がします。
いやーほんと、みっちゃんは戦隊界のレジェンドになるわー。
オープンユアアイズ、括目して見よ!

自転車を爆発させたと思いこんだみっちゃん、体育座りで落ち込むのを見て「やっぱアイツとやってける気がしねえ」と早くもさじを投げるレオたち。(この時、買い物帰りらしくレオがトイレットペーパーを持っているのが可愛い)
ヤマトとタスクはそれでもそんな操を励まそうとするのだが・・・。
来ましたねアムちゃん、要領よく他人を利用する恐ろしい子が!
みっちゃんという男、うまく調子に乗せるといくらでも使えることをいち早く見抜いたのはさすがですw
しかもアムちゃんはこういう場面で「女の武器」を使うことにためらいが無い・・・。「カン違い」ってはっきり言い切ってるあたり、利用していることを隠さないのがオカシイ。

そして、おだてられることに免疫のないみっちゃん、ビルをまるごと吊り上げるまでのパワーを発揮!
普通なら「ありえねー!」で終わる所が、みっちゃんだと「みっちゃんだし・・・まあ、いいかw」と思える所も無双のゆえんです。
更に、ヤル気全開ですっかりリーダー気取り、橋の上で見物していた5人に「お前ら。決めるぞォ~!」」と号令をかけ、「この星を、そしてこのオレを舐めるなよ!」「レベルが違うんだよォ!」「お前の世界はここで終わりだ!」等々の決めセリフを連発。
すっかりリーダー格でバトルを仕切り、「今考えるんだよ。オレたちなら、出来る!」と超巨大合体まで創り上げてしまう。
・・・昭和の人間である私は「ブタもおだてりゃ木に登る」という至言を思い出しました、ハイ。

「この調子なら、お前とも仲良くやってけそうだぜ!」
レオに肩を抱かれて満足げなみっちゃんだったが、調子の良さは長くは続かない・・・。
自分の分の食事が用意されていないことに落ち込むみっちゃんに声をかけるのはヤマトのみ、一歩引いて眺める他の4人。
アムちゃんが得意げに「でも、みさおクンとの付き合い方はわかったでしょ?」と一言。こ、この女、この先もみっちゃんを利用する気まんまんですぞ(笑)

いやー、今週も30分みっしり、隙の無い面白さ。
私だけでなく、二人の娘も今年の戦隊、ジュウオウジャーにはすっかりハマッていますが、一般的にも人気はかなり高いようですね。
先日、上の娘と後楽園のシアターGロッソに、ジュウオウジャーショー第3段「真夏のアニマルカーニバル」を見に行ってきたのですが、前回(ゴールデンウィーク中)同様、当日券は朝一の回からけっこうな行列でした。1時間前には並ばないと無理そうです。

例によって子供たちの声援に癒され、アクターさんたちのアクションを堪能してきたのですが、どうにも気になる点が一つ・・・。
「真夏のアニマルカーニバル」では敵によってジュウオウジャーの5人が操られ、唯一、ザ・ワールドだけが彼らを救うlことができるのですが、その彼もいろいろあってピンチ、会場の子供たちの声援を求める展開に(ショーのお約束)。
そこで普通は「さあ会場のみんな! 『ガンバレー!』って応援して! 声が小さいよ、もう一度! 『ガンバレー!』」などと司会役のお姉さんに煽られるわけですが、今回は「さあみんな、『みっちゃーん!』って応援して!」と言うんですよ。
会場の子供たちも乗せられて「みっちゃーん!」と大きな声を出していたのだが・・・。
違うだろー!
声援といえば「がんばれ」だろー!
そもそも子供たちにとってザ・ワールドはあくまでザ・ワールドで「みっちゃん」じゃないし、みっちゃんを「みっちゃん」と呼んでいるのは本編の中でも今の所ヤマト君だけだろー!
「みっちゃん」は仲の良い友達のあかしなのだから、子供から見て他人の門藤操をそう呼ばせるのはおかしいだろー!
だから「ザ・ワールドー!」という声援なら、まだ分かるのだが・・・。
何となく子供たちも呼びにくそうにしていました。
細かいことなのですが、どうもこの点が気になって、ショーに集中できませんでした。子供をうまく乗せることのできるのが、良いショーの脚本だと思っているので・・・。

まあそれはそれとして、ザ・ワールドのガワがカッコ可愛くって、見ているだけで興奮してしまい、この先も戦隊ショーには通ってしまいそうな予感・・・。
ショーを見終わったあと、後楽園ラクーアの中庭で飲むビールがまた美味しいんですよ。大人でヨカッタ~ww

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1383-a79bd09f

 BLOG TOP