プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガワの目にも涙。

ふ、不覚・・・!
まさか、中盤の「お笑いで、いままでの戦いを振り返ってみよう回」で泣かされるとは・・・。

今週は、戦隊あるあるの製作費節約お笑い回だったけど、ラストのガワセラちゃんの、
「わたしも本物が良かったな・・・」
の一言で、感動回に昇格(?)しました。
SFとかによくある、偽者、コピー的な敵キャラの持っている根源的な悲しみをたった一言で表現した名セリフだと思うし、いつも強気なセラちゃんがシュンとした口調でつぶやくのがまたすごい効きました(T.T)
「倒されるために生まれ、自分から消えていった」、そんなはかないさだめの彼ら。
途中ずっとお笑いノリだったのに、最後の最後でいきなり泣かせる、ちょっと卑怯(?)な回でしたね。

そして、ここ数週のうっぷんを晴らすかのような、ヤマトの黒キャラ化がすさまじい(笑)
ここんとこずっと、「繋がりはオレが守るッ!」と言うかまたは、お母さんの事思い出して落ち込むかしかしてなくて、ほんっとに面倒くさい奴だったヤマトが、まさかあそこまでノリノリになるとは(笑)
(クイズすることを思いついて)「アレしかない!」と叫ぶときの、らんらんと輝く目。目のまわりがなぜか真っ赤なのが怖い・・・。寝不足で充血とかだったらいいけど・・・w
「正解です!」「さあ書きなさい!」司会者っぽくしゃべる言葉にいちいち攻めオーラがあってしかも、ピシッとなでつけた髪型にまで、黒執事的な有能鬼畜キャラの匂いがするのよ(笑)
普通の恋愛ドラマとかで、意地悪なエリートサラリーマンの役とか似合いそう、っていうか楽しんでノリノリで演じそう。
ヤマト役の中尾くん、もしかして、香村先生的な「心優しく責任感の強い内向的なヒーロー」という役を演じるのにストレス感じてたの?(笑)
中尾くんがあまりに芸達者で、どんな役も自然に演じるので、もともとそういう自制心の強い演技をする役者さんなのかと思っていたけど、ほんとはレオやタスク、みっちゃんみたいにもっとハジケた芝居がしたかったのかも(笑)
あまりに今週の司会者役が楽しそうだったので、脚本家の先生方にも、もっとヤマトにいろんなハジケた役をやらしてあげて欲しいなー、と思った次第です。

そして「今週のタスク」ですがw
冒頭の「昨日より134円も安上がりで済んだぞ!」ですでに大ウケww。
「短足です。チョー短足!」と同じ、タスク的気合いの入った一本調子(褒めてます)で、ウンウンこの口調じゃなきゃタスクじゃない、タスクの本領発揮だ! と嬉しくなっちゃいましたw セラちゃんが隣で「いい主夫になれるよ・・・」と力なく呟いているのもオカシイ。
あと、クイズの途中で納豆を出されて、鼻の穴にテッシュを大げさに突っ込んでいたのもタスク的な可笑しさw
タスクって「大真面目ツッコミ専門かつヨゴレ役」なんですよねw
最近、みっちゃんに押されて自分のポジションを見失っていた感がありましたが、今週は見事にタスクっぽさが出ていて良かった良かった。
タスク役渡邉くんが左利きであることがはっきり分かる回でもありましたね。

そしてエンディングのダンスシーンで、「ちまたでうわさの宇宙海賊」なるチームが参戦。
最初、普通の一般人有志(笑)だと思っていて、
「うわー、この人たち、いい大人なのに衣装まで作ってるわー。ラストのポーズも決めてきてるわー。戦隊マニアって怖いっつか痛いわー。まあ、気持ちは分かるけど・・・ww」
などと思って見ていたら、なんとご本人様たちでした~!(笑)(笑)(笑)
バングレイに復讐を誓う、シリアスな幕切れだったのに来週もまた、本筋と関係のないサブストーリーになる模様。
でもこういうのがまた、戦隊のお楽しみでもあるので次週、ジュウオウジャーの面々(特にみっちゃん)が宇宙海賊とどんなからみを見せるのか、今から楽しみでたまりません!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1390-6446491c

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。