プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


001.jpg

今回はアニメ版モブサイコの話をします。
内容に関しては、コミックスの感想で色々書いたので、アニメならではの注目点を自分なりにいくつか。

①OPがイイ!
♪If everyone is not special,
♪Maybe you can be what you want to be!
♪それぞれの答え 見つかるだろう

・・・この印象的なサビ部分から一気にハイテンションな曲調になだれ込んでいく感じ、後ろで1から99までカウントしてるのも恰好いいです。
サビの英語の部分は「誰でも特別じゃない。だからお前だってなりたい自分を目指せ。きっとなれる」という感じだと思うのですが(かなり意訳)、霊験師匠が日ごろからモブに言っている言葉と同じで、この曲全体がモブへの語りかけであると同時に、その他大勢の子供達、一人一人への語りかけにもなっています。曲中で繰り返される「MOB? MOB?」という呼びかけは、主人公のモブ君と「群衆」という意味のモブと、両方の意味があると思うので。
ビル街にネオンが点滅するサイバーパンクな画面から始まるアニメーションも密度が高くて何度見ても飽きませんね~!
普段あまりアニメ見ないので比較できないんですけど、「おそ松さん」のOPみたいな、画面がギュンギュン変わっていって息つく暇もないような感じ。
最後、「モブサイコ100」のロゴの部分に、上から原画の絵が次々に落ちてくる演出は、アメコミのマーベル社が使っている映画のロゴを真似(オマージュ、と言った方がいいのか?)していて、作った人たちのアメコミヒーロー映画好きが伝わってきて嬉しくなります。

あと、EDの手書きモノクロっぽい感じはアニメ「ピンポン」を思い出す画面で、これまたカッコいいです。っていうか霊験師匠が普通に恰好良い青年になっててちょっとヤバイ(笑)
娘に見せたら、「このEDは腐女子サービスなんじゃないの?」と言っていました(笑)
うーん確かに・・・。朝シャンして煙草を吸って観葉植物の鉢に水をやる師匠・・・惚れてまうわー!

②声優が豪華
何を隠そう、「おそ松さん」ではおそ松兄さんが一番好きだった私・・・。
なので、霊験師匠の声が櫻井孝宏さんというのがもう嬉しいです!
この漫画で一番好きなキャラを、今一番好きな声優さんが演じてくださっているという至福状態。
三枚目ボイスもイケメンボイスもピッタリです。

エクボ役の大塚明夫さん。
30年くらい前、この方がまだ舞台の仕事をなさっていた頃に、あるご縁でちょこっとお会いしたことがあったので、それ以来ずっと注目していました。
声優としての大活躍ぶりを見るにつけ、「この人、私会ったことあるー! 会話したことあるー!」と友人に自慢していましたが、今回のエクボの声は改めて凄く良いです!
低い、渋い声の印象が強いですけどもエクボという、調子が良くて裏表があって、いろんな声を使い分けるキャラをハイテンションで演じていらして、意外にも器用なレインボーボイスの持主だなあと再認識しました。
ディズニー映画「アラジン」のジーニー(日本語版は山寺宏一)、アニメ「妖怪ウォッチ」のウィスパー(関 智一)と並ぶ、3大コメディタッチ妖怪系キャラだわ~w

③絵柄がイイ
原作のあの、味のある線を活かしつつイケメンはよりイケメンになっていることに感動(笑)。
特に律くんがもうカッコ良すぎてね。律ってこの物語の裏主人公だと思うけど、なんか幸うすい子で応援したくなっちゃいます。
喧嘩やバトルのシーンの多いアニメだけど、アクションも迫力あって凄いです。ただ、私は痛そうなのが苦手なので、モブ君とかすぐボコられちゃうのでちょっと迫力ありすぎて見るのが辛い・・・。
まあ、モブも律も、力がある子なので自然状態でもバリアが張られてて、見た目ほどはダメージ受けてないはず、と思って見逃がしていますが。
ボンズというアニメ製作会社の作品ですが、ネットの反応などを見ると「さすがボンズ!」という声が多く、やはりアニメ玄人の目から見ても質が高いのだろうなと思います。

ただ、個人的には、普段着ている服の色などがちょっと統一感がないというか、背景とも合ってない気がして、アニメ「怪盗ジョーカー」を見ていたときのような「画面を眺めているだけでキレイ~うっとり~」感がないのが残念です。「おそ松さん」も、話はともかく画面はすごくキレイだったと思う。
この件に関しては前から何となくウッスラ感じていたのですが、第8話でテルくんが着ていたトレーナーの配色を見た時にはっきり「残念」と思いました。あれは無いでしょ・・・(コミックス13巻あたりでは、テルくんは実はファッションセンスが無い、というエピソードも出てきますが・・・)。

ともあれ、アニメもあと3話しかないのですが、この先は本当に盛り上がるので楽しみに待ちたいと思います。
特に、霊験師匠の見せ場はもうワクテカです!
2クール目って出来るんでしょうかね。
「爪 第7支部」の終わり方って中途半端っていうか、大きく引きを作ったままで終わってしまうので、2クール目も作ってぜひ爪本部の壊滅まではやってもらいたいのですが、2クール目が作られるかどうかは、ディスクの売れ行きで決まるらしいのでちょっと心配です・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1395-1499dffa

 BLOG TOP