プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ・・・? タスクが頼もしく見えるぞ・・・?

今回はセリフが少なく、無言で頷くシーンが多かったタスクですが、なんかその、無言の表情にいつの間にか重みと貫禄がついて来てるぞ・・・?
そしてラストシーン、ヤマトと倒れ込むみっちゃんに、無言で手を貸すタスクの後ろ姿が、なんかすごい存在感あって頼れる男っぽくなってるぞ・・・?
思えば初回から、タスクのメンバー中ただひとり不器用なセリフ回しにむしろ愛を感じ、
「外見で言えば緑がいちばん好きなの! あの棒読みですらちょっと味があってイイナ! って思えちゃうの!」
と叫んできましたが、タスクゥ、いつの間にか、大きくなりやがって・・・(落涙)
みっちゃんが不器用キャラを演じきってくれるおかげで、オープニングで表現されている本来のキャラ設定「高貴で寡黙な森の賢者」に近づきつつあるんでしょうかね?
ヤマトもレオもミサオも好きだけど、やっぱり私の愛はタスクに捧げようと決意を新たにした今週でした。

そして、バングレイやっと倒せてヨカッタヨカッタ。
なんかね、彼出てくると必ずヤマトが酷い目に会うからホント嫌だったのよね・・・。
中尾くんの殴られっぷりも良いし絶望の顔も良いのですが、なんか彼はコスプレしてノリノリで笑っているときの方が変なオーラ出てて生き生きしてるのよね・・・。
(そういう意味では同じく香村先生のウィザードの脚本で絶望しまくっていたハルト・白石くんの薄幸オーラは適役だった!)
クバルがサクッと裏切るあたりも良いですね。コインを渡すのも、まさに餞別というか冥途の土産というか手切れ金というか三途の川の六文銭というか、ドライでかっこいい。最初から、バングレイに渡すつもりで(つまり裏切るつもりで)ナリアからもらっていたんだろうなあ・・・。

そして来週は!
来ましたねついにジュウオウジャーにもハロウィン回が!
次週予告は映っている時間が短くて、誰が誰だかよく分からなかったので、東映公式サイトに行って確認してみたら、レオのメイド姿のあまりの可愛さにンフッとか変な声が出てしまった・・・!
そして、パンプキンマン(?)に扮するヤマトのノリノリの笑顔に、
「ああ・・・、やっぱコイツって外れたがる奴だよな」
と改めて思いました。本当は、ミサオみたいな役がやりたかったんじゃないかな・・・。
なまじ整った顔に生まれてしまったのが中尾くんの悲劇なのかも・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1415-0f002ec1

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。