プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


もしかして、鳥男ってヤマトの父親だったの・・・?

今まで注意深く避けられてきたヤマトの父親に関する話題。
ドライブの剛みたいに、「実は敵」パターンかと思ってちょっと嫌な気分になっていた(ヤマトの悲しい顔はもう見たくない)のですが、なんかコレ、実はヤマトのお父さんだったぽい展開ですね?
しかも次週予告で「俺たちは交わるべきではなかった」とか言いだしてるし、過去イロイロあって、ジュウランドと人間の世界が断絶したことの鍵となるのがヤマトのご両親の恋愛話だったみたいな・・・?
うーむ、だとすると、マリオおじさんのあの不自然な態度も納得できるというもの。
まあいずれにせよ、鳥男のヤラレっぷりが恰好よくて大興奮ですわ!
ふっ飛ばされて海岸の砂利の上を転がってくとこも凄かった。さすが元ライダー。
しかし、変身後のオレンジのスーツは正直今一つかな・・・。
「オレンジ」という色があまりに陽気で軽いイメージなので、大物感が無い(T.T)
もうちょっと、ワインとか臙脂とか渋めの色のほうがしっくり来たかも(T.T)

さあて、そんな驚きの展開のあった第37話ですが、見どころはやはり、縄跳びに失敗してレオとセラちゃんになじられるザ・ワールドね(笑)
そして即座にフォローに回るヤマト。もはや様式美(笑)
縄を素手で掴んで、「痛い。だが痛快だー!」と叫ぶみっちゃんも恰好良かったです。みっちゃんのみっちゃんらしさが出ている脚本だと、見ていて「今週もクリアだぜよっしゃあ!」という気分になります。レストランで、付け合わせで出てきたスープとサラダがめっちゃ美味しかったときのような満足感(笑)
あと、みっちゃんのスーツ姿が、グレーの上下に黄色のネクタイで、これはライトなコスプレに使えるな、と思いました。イベント会場をさりげなく歩いていても、分かる人には分かる、っていうねw
彼のスレンダーな身体を包むスーツの、動いたときの皺の出ぐあいとかがまことにいい感じでしたね!
(余談ですが現在大ハマリ継続中の「モブサイコ100」の霊幻師匠の、リアルスーツ姿ってこんな感じだろうなー、と思いながら食い入るように見てしまいました)

そしてそして、驚愕の新たなキューブがなんとタコ!
ロボットの背中に十字型になって張り付く姿は、往年のシュリケンジャーを思い起こさせますw
しかも、その十字から飛び出す散弾銃のような弾丸は・・・あれ、タコの吸盤ってことなのか!?(大笑)
クリスマス商戦を控えて、バンダイも攻めてるズラね~!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1419-d001e84a

 BLOG TOP