プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


人型レーザーのガワが・・・orz

キリヤがせっかく人型に進化したのに、あのガワは無いやろ・・・。
エグゼイドのガワには相当慣れてきた自分ですが、あの顔は無いやろ・・・。
エグゼイド達はまだ、目もとがゴーグルで覆われている感があってギリギリ「仮面」っぽさを残しているのだが、レーザーの顔はただのコロコロコミック系2Dガンダム風おしゃべりロボットでしかない・・・。
レベル4に進化して、今度こそ「カッコイイ」と言える顔を手に入れて欲しいです!
切望!

さて、そのレーザーの新しいガジェットが、チャンバラゲームという事で、タイトルの「Some lieの極意!」は「サムライの極意」というダジャレになっているんでしょうね。ちょっと面白い。
キリヤの嘘事件の真相は、おそらく、病状を正直に明かしたところ、半狂乱になった友人が道路に飛び出して車にはねられ死亡・・・、という事なのだろうなあ。
嘘といえば嘘、真実といえば真実。
ただ、キリヤはその後、事故の責任を感じ罪の意識を背負ったままで戦いに身を投じているのでありましょう。
先週の、ヒイロの過去バナといい、ここにきて仮面ライダー特有の「悲しみを背負って戦う」ヒーローらしさが濃厚になって来ており、なかなか良い感じです!
最近戦隊(ジュウオウジャー)ばかり真剣に見ていたので、こういう暗さというか悲しさというか、ヒーローの業のようなものの持つカッコ良さが新鮮に感じられます。「カッコ良い」と言ってしまうと、キャラ設定のアクセサリ的な意味みたいでちょっとうまく伝わらないんですけど。
でもまあ大きく言って、戦隊とライダーって、明と暗、光と影、みたいなノリがあって、仮面ライダーには悲しい過去バナが似合うものです。(例外は「フォーゼ」か笑。メテオが悲しさ成分を補給していた)

そして次週はいよいよタイガがそういう過去バナを披露しそうなのだが・・・!
なんかもう我が家では彼の髪と変身後の前髪(?)があまりに恥ずかしすぎて、画面に映るだけで爆笑されているのだが大丈夫かな・・・?
「中二野郎」とか「ホサ」とか呼ばれてすっかりギャグキャラ扱いです(T.T)

※「ホサ」はコミックス「バイオーグ・トリニティに登場する主人公のライバルキャラ。髪型がタイガに似ている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1422-a39e7ada

 BLOG TOP