プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ナリア様~!!!

レオの生卵一気飲みについて語ろうかと思っていましたが、終盤のナリア様のアクションのカッコ良さに持って行かれました!
ナリア様ってこの先どうなるの?
次週、ジニス様が立ちあがったのはナリア様がやられてお怒りだからなの?
ってかジニス様立ってもカッコイイ! 動きにくそうだけど・・・w
最終回も近くなってきて、ナリア・ジニス・クバルの三人のドラマがいよいよ急展開しそうな次週、目が離せませんね!

さて今週は、レオの男の美学を堪能できる回、の、はずだったのだが・・・。
なんか違う・・・。
ジュン君が不良を殴ろうとするのをレオが止めるのは、なんか違う気がするの・・・。
ジュン君が普通に修行をして本当に強くなって、今までの怨恨を拳で解消したいというのなら、一対一でやらせてやっても別に悪くないと思うの。
「もういいだろ。気が済んだろ。今、ビビッてるこいつらを殴って面白いか? 逆に恰好悪いだろ?」
っていうんなら、まだ分かる気もするのだが・・・。
ジュン君が、例えばジューマンパワーなどの普通の人間にはない力を得て、それを使って復讐をしたいと言いだしたら、それは止めないといけないと思うのだけど、普通に修行して筋力と胆力をつけたんだったら、勝負させてやっても良くない?
(その結果、学生であるジュン君は負けてボコボコにされるかも知れないから、それを心配して止めるんならまだ分かるんだけど)

うーん、今回の話、この夏アニメになってた「モブサイコ100」の影響を感じるのは私だけでしょうか。
モブが敵から攻撃されても、師匠である霊幻は「お前の力(超能力)は他人に向けて使ってはいけない」と厳しく戒めるわけですが、今回のレオの言動にはどうもあの霊幻師匠がかぶって見えるのよね・・・。ジュン君の髪型がおかっぱ頭なのも、高校生にカツアゲされてお小遣いを取られてしまう、というシチュエーションも、似てるのよね。
しかし、モブの力はあくまで強い超能力だったので、人に向けてはいけないのですが、ジュン君が多少修行をしたからって、たかが知れてるっていうか、不良たちをビビらせたのだって、どっちかというとジュン君の気迫と演出効果の勝利でしょ。
・・・なんかなあ。レオの美学が分からん。

しかしまあ、生卵は凄かった!
この先、戦隊史に残る名シーンだったと思います!
そしてジュン君役の新井真悟くん、目力が強く動きにメリハリがあってすごく良かったです。数年後に、仮面ライダー役者にならないかな・・・。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1426-3d15c854

 BLOG TOP