プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


華丸師匠がちょっと痛い・・・。

役柄上とはいえ、息子であるヒイロにまで完全無視されていて辛い。
ドライブの鶴太郎、ゴーストの竹中直人と、ここしばらく芸能界の大物のゲスト出演が続いていて、それなりに重要な役どころでドラマ全体をビシッと締める役割をになっていたのですが、博多華丸さんってもともと役者じゃないせいか、何か、いつも滑っている気がする・・・。
今はただのお笑い要員でも、この先重要でシリアスな役割をになっていくのだろうか・・・。
まあ我が家では、お笑い要員はタイガさんが一手に引き受けてくれているので余計に浮いて見えるのかもしれませんがねw
父親を見下すヒイロさんの冷たい目も好きだしw

さて、話がいろいろ進んでいる感のある今週ですが、まだ途中なので何ともいえません。
とりあえず、次週は4人ライダーが揃って進化、ということになりそうなので楽しみです。
レーザーのガワも進化するみたいで良かった良かった。
あと、エム役の飯島くん、変身ポーズがカッコ良くなりましたねー!
気合いの入り方、ガジェットをくるくる回す動作や腰の低さなどなど、ヒーローオーラがほとばしり出ています!
逆にちょっと不満なのが、変身後のガワの動きかな・・・。
ドライブの時の堂々とした俺様感や、ゴーストの時の若々しい可愛い動きなど、変身後のライダーはいつも、アクターの高岩さんが本人よりも本人らしい動きで、ガワならではの魅力を堪能させてくれていたのですが、エグゼイドに関しては動きに個性が無い、といいますか・・・。
まだエム自身にも個性が無い、ということなのか。
まあエグゼイドに関しては、いまだに様子見なのですが。
ガワのショーを見に行くとき、この「動きの個性」というのが重要な鑑賞ポイントなので、はやくキャラを立てて欲しいです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1427-35db583b

 BLOG TOP