プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


1/29(日)、東京ドームシティのシアターGロッソに、ジュウオウジャーショー第5弾「ジュウオウファイナル!王者の絆をなめるなよ!!」を見に行ってまいりました!

今回のショーは素顔の戦士たちに会える最後のショー、しかもみっちゃんこと國島くんに会える最初で最後のショーとあって、チケットを取ることすら困難と思われたのですが、特撮友達のKさんが抽選に申し込んでくれて、見事初日2日目の前から9列目という素晴らしい席をゲットすることができ、ショーを堪能してまいりました~!
Kさん、いつも本当にありがとう。私の特撮ライフが充実しているのも、ひとえにKさんのおかげです~!

しかし、ショーの感想を一言でいうと、
「・・・苛酷。」
いやね、ショーというのがね、一日6回公演なのね。
一回のショーは正味30分くらいだと思うんだけど、素顔の彼らもアクションしまくり、踊りまくり、けっこう身体的にハードな舞台。
しかも、ヤマトとみっちゃん、人間である二人は素顔のままの芝居のシーンも多く(また、二人の絆が中心のストーリーである事もあり)、普通の舞台として見ても一日6回はかなりハードだと思うんですよね・・・。

見ている側としては、想像以上の派手なアクションの連続でもう大満足なんですが、ショーが終わってKさんやAさん(同じく特撮仲間)と交わした第一声が、
「これ6回ってキツくない?」
でしたからねー。いくら若いから、と言っても苛酷ではないかと。
もう今では、最後まで怪我なく乗り切って欲しい、と願うのみです。

まあそれにしても、素顔の彼らはやっぱりキラキラしていました♪
特に今回、はじめて登場のみっちゃんこと國島くん。
手足が細い! んでもって動きが軽い!
あと、タスクこと渡邉くんが前回見たときより、なんか貫禄が増してるっていうか落ち着きが出たっていうか、キラキラオーラが増していたのが嬉しかったです。
あと舞台で嬉しかったのが、なんとシン・ジニス様がガワでご登場されたこと。
最後、TV放映より一足早く倒されてしまうのですが、その時の最後のセリフが、「楽しかったよ」なのも素敵でした~♪
舞台の高い足場から奈落の穴まで、あの大きな金属の羽根をパタン・・・と一回転させながらゆったりと落下していくお姿も美しかった・・・!

最後に、チケット情報です!
私たちは1時ころにシアターGロッソに到着したのですが、その時点で最後の16:40の回の当日券はまだ販売中でした、
おそらく、子供連れや地方から観覧にくるお客様には、16:40という回は遅すぎるのでしょう。
つまり、都内在中の大きなお友達にとっては狙い目というわけ。近場の方なら当日朝、後楽園に行ってチケットだけ買って、夕方になってショーを見る、ということも可能です。
今からでも、素顔の戦士に会えるチャンスだー!
ただ心配なのは、夕方の回が大人オタク率高いとすると、ヒーローショー特有のあの、お姉さんの「さあ今よ! 『せーの!』って言うから『ジュウオウジャー頑張れー!』って大きな声で応援して!」という煽りに応えてくれる素直な子供はいるのかな、という事です。
オバサンやオジサンの野太い声で声援を送っても、素顔の戦士たちも苦笑いしか出ないのではないだろうか・・・。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1450-91c57cc6

 BLOG TOP