プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


私にとって最大の侮辱は、同情だ・・・。

はい、はい!
いただきましたジニス様最後の名セリフ!
いつでも使えるように、私の心の引き出しにそっとしまっておきますジニス様~!

・・・ハアハア。
ジュウオウジャーが終わってしまった・・・。
まだ思考がまとまらないので散発的に感想を書いていきます。

①ジニス様の正体は「メーバの集合体」だったわけだが。
メーバがある程度の数量集まると、個々のメーバの意思を超えるメーバの集合無意識みたいのが生まれるのか?
それとも宇宙空間に確固たる「ジニス様の意思」が存在して、ガスや塵が集まって星が生まれるように、メーバが集まってジニス様のフィジカルボディとなったのか?
いろいろ思うところはありますが、己の下賤な出自を厭い、ことさらに強大かつ優美を目指すという、ジョジョで言うとディオみたいな悪役だったのですね。嫌いじゃない。嫌いじゃないですぞジニス様~!
自分を助けようとしたナリアを迷いもなく殺す非情さ、というか覚悟、自覚? それもまた良い。
最後まで余裕を保てなかったのが残念ですが、それもすべて、自分の秘密を知られてしまったため。
王者の貫禄も、たった一つのコンプレックスを突かれてもろくも崩れ去るという、なんかこう、シェイクスピアの悲劇を見るようなドラマ性を感じさせてくれました(大げさとは思うが、他にいい例えを思いつかないw)。
それにしてもさー、何で「私の作った世界」にジュウオウジャーを飛ばしたかなジニス様。
あの場所でヤマトが目を凝らして瓦礫を見なければ、正体もバレなかったのに。その後も、「え? 正体? 何のことかな~?」とか言ってバックレてヤマトの口を封じてしまえば良かったのにね(笑)。
まあ、ジニス様の高すぎる誇りがそれを許さなかった、と・・・。

ジニス様の魅力はたくさんあるのですが、最大のものはやはり「声」かと。
CVの井上さんという方は、ジョジョでカーズの役をやっていた方だということで、やはり大物の役がお似合いなんですね。
ってか「井上」というお名前とあの低声、なんか最近見たな、と思っていたら、なんと去年私が大ハマリしたアニメ「モブサイコ100」の最後に登場したボスのお声じゃないですかー!
ああどうしようモブアニメの2期が始まってしまったら、井上さんの虜になる自信がある・・・!
ほんとに、声だけで大物ってすぐ分かる、素晴らしい声と演技だと思います。


②栄光の顔出し! 
最終回恒例の顔出し、今回は変身ポーズで決めてくれました~!
全員カッコいいんだけど、私が特に感動したのはやっぱタスクこと渡邉くん!
力強い両足の踏ん張りや腰の位置の低さ、堂々とした胸の張り、伸びた背筋そして動きのキレ。
かっこいい・・・かっこいいよタスク・・・。1年間、ほんとよく頑張ったよ・・・(落涙)。
それと、最後ジュウランドに帰ることになる4人と、ヤマト、みっちゃんの6人が肩を組んで円陣になる場面・・・。
あの場面には、1年間励まし合って頑張ってきた若い役者さんたちの万感の思いが感じられて、またもや落涙・・・。
演じている彼らもあのシーンでは多分、感きわまってしまっただろうなあ。
(東映公式サイトに行くと、あのシーンの写真が大きく張ってあって、見ただけで泣きそうになります)

③お父さんがイイ。
ヤマトの父、景幸が病院の屋上で洗濯物の白いシーツに囲まれながらヤマトたちのことを祈るシーン、短いけれど名場面でした。
やっぱ香村先生の脚本だと思うせいなのか、「ウィザード」の最終回で家で家族とテレビのニュースを見ていた山本さんが、「足が震えている。でも、黙って見ていることは出来なかった」と言いながら戦いの場に現れた時のことを思い出しました。
もし自分がこの世界の登場人物だったら・・・と思うと、山本さんや景幸パパのように行動しそうで、妙に説得力というか現実味があるんですよね。
ラスト、ジューマンが病院の廊下にあふれてパニックになっている中、妙に落ち着いているのも面白かったw
バドさんと交わす笑顔もイイ。
っていうか、エンディングのダンスでバドさんと一緒にノリノリの笑顔で踊っていたのが超カワイイ! この二人に萌える日が来ようとは思わなかったよw

④3年前なら良かったのに。
ラスト、ジュウランドと人間の世界が重なって、人間とジュウマンが混在する世界に。
「どんな理不尽なことが起きても、繋がっていることを僕たちは望んだんじゃないのか」
タスクのこのセリフは美しい、美しいがしかし・・・。
ドイツをはじめとする、EU諸国の難民受け入れ問題、アメリカのトランプ大統領の難民排除の方針、今の世の中は確実に「多文化共生」とは逆の方向に行っているし、個人的にもグローバリズムには反対という意見の持主なんです。
ジュウマンはジュウランドに、人間は人間の世界に、それぞれ分かれて住むほうが良いだろうな、と。
それぞれの世界のそれぞれの良さをや違いを、自分とは違う場所にある自分とは違うものとして認めあい、互いに守っていってこその多文化共生だろうと。
まあ子供向けの番組なんで、美しい虹を見せることも大事なのは分かるんですが、今までツッコミを入れていなかったけど、そもそもジュウランド自体、どうやって多種の動物が共存しているのか疑問だったのよね・・・。
ディズニーの「ズートピア」だって、一見ユートピアのような動物たちの町で、肉食獣と草食動物の共存がいかに困難かというテーマを扱っていたわけで・・・。
・・・まあ、そんな事を考えるようになったのもここ最近のことなので。
3年くらい前だったら、タスクのこのセリフにも特別に引っかかりを感じず、最終回の感動にまぎれて流して聞いていたのになあと思います。
今聞くと、何かせっかくの最終回なのに、「今後が不安だな」と思わずにいられません・・・。

⑤どうでもいい事なのだが。
最後のピクニックが寒々しい・・・。
もうちょとパーッと、バーベキュー大会か何かにしてあげて(T.T)

⑥ジュウオウジャーは終わらない。
東映公式サイトに気になる情報が続々と。
3/18浜松からスタートする、ファイナルライブツアーなんですが、脚本が香村先生なうえに、ななんと、バド役村上さんもご登場!
こ、これは気になる・・・!
あと、同じく公式サイトにアップされてるVシネマ情報も気になります。
貼られている写真、全員がチンピラやくざみたいな恰好をしているんだけど(笑)
セラちゃんのチャイナドレス姿だけでも見てね~w

・・・それにしても、こうして振り返ってみると、私にとってジュウオウジャーはジニス様だったのだなと改めて思いました(笑)
ナリア様、なんとか生き延びて、四散したミーバの細胞を拾い集めて粘土みたいにコネコネして、二代目ジニス様を創って思うがままの帝王教育をしつつ育ててくれたらいいな(まだ言ってるw)。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

焼け跡復興END

終わっちゃいましたね、ジュウオウジャー。
来週からもう見られないと思うと寂しいです。
(とはいえ、あまりにも斜め上wのオチに大爆笑した後、最後は満足感で幸せ一杯でしたがw)

イザクさんがジニス様に幻滅しなくてほっとしました♪
「最大の侮辱は、同情だ」最高でしたよね!
それと、ヒーローの決め台詞奪った「この星を、舐めるなよ」もゾクゾクものでした♪
顔出し変身はタスクが最も素晴しかったこと、お父さんの件(バドさんとのダンスも含め)も全て完全に激しく熱くw同感ですわ。

で、後は、世界融合の件ですが。

あれは「太平洋戦争後の焼け野原の日本で、庶民や子供達が、外国人混じりの闇市や路地裏で、明るく逞しく、新しい時代を作っていく光景」のアナロジーだと解釈しております。
(子供番組で「敵は倒したけど崩壊した政府とボロボロの街」を出すのは、各種震災が続いた後の今だと、色々と差し障りが)

映画「シン・ゴジラ」のオチのマイルド版だと思うといいんじゃないかなと。
「オールハッピーではないが、希望に満ちたエンド」なので、私は気に入っておりますです。

Re: 焼け跡復興END

Kさんこんばんは、いらっしゃいませ~!
レスが遅くなってごめんなさい。

> 終わっちゃいましたね、ジュウオウジャー。

終わっちゃいましたねー。
稀に見る良心的(?)かつ丁寧な戦隊、と思って大事にしていたのですが、すみません、今はキュータマのハチャメチャっぷりのインパクトが大きすぎて、「別に戦隊に感動的な人間ドラマって必要なかったのでは?」的な気分になっちまってます・・・。
まあしかし、それでジュウオウジャーの良さ、価値が下がるということでもないのですが。
要するに、キュータマのおかげでジュウオウロスを最小限に食い止めることが出来たということ、これは東映様に感謝しています。

> 「最大の侮辱は、同情だ」最高でしたよね!

いやーしかし私ね、ジニス様に同情してますよw
サタラクラと同じく、本当の自分が大キライな奴だったのよね。
よくぞまあそこから、あれだけの貫禄を作り上げたものだと、その影の努力(?)に涙する・・・。

あと、バドさんとヤマト父の笑顔&ダンスは、見ていて思わず、
「うわー、これKさん大喜びじゃん」
と声に出してつぶやいてしまいましたw

> あれは「太平洋戦争後の焼け野原の日本で、庶民や子供達が、外国人混じりの闇市や路地裏で、明るく逞しく、新しい時代を作っていく光景」のアナロジーだと解釈しております。

なるほどねー、そういう見方もあるのねー。
なんか私はどうしても、ドイツの難民問題とか連想してしまってダメでしたけどね。
重なってるってのがどうも・・・。「都市と都市」みたいw
どこでもドアみたいな扉を、地下鉄の駅みたいにあちこちに作って、ジュウランドと人間界、気軽に行ったり来たりできるようにすれば良かったのに、と思っています。

あ、あと、レオの家の家族構成が可愛いすぎるのも特筆モノ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1451-1e30d4ed

 BLOG TOP