プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


俺はただ、目の前の患者を救いたいだけだ!

はい、はい、今週もいただきましたねヒイロさんの萌えセリフ!

いやー、あのパワフルなキュウレンジャー初回放映のあとで、地味かなー、と心配していたエグゼイドですがこっちはこっちで盛り上がってました!
特に注目すべきはパラドさんの回心と、エムを心配しまくるヒイロさんの演技!
ヒイロさんこと瀬戸くん、ほとんど表情も姿勢も崩さないのに、どうしてあんなに表現力豊かなの!?
ほんのちょっと、目を細めたり眉を寄せたりするだけで、彼の内面の葛藤が手に取るようにわかってしまう。
恐ろしい子・・・!
エムに真実を告げないまま、何とかして彼を戦いの場から遠ざけようとする時の「目の前の患者を救いたいだけだ!」というセリフは、ヒイロの本心でもあり、エムを誤魔化すための言い訳でもある。彼の苦悩がほとばしり出てしまったような強い口調も内面の葛藤をあますところなく伝えていて凄くイイです!
あと、終盤でゲンムがエムに「お前はゲーム病だ」ということを言う場面で、一瞬、心配してエムの方を振り向いてから走り出すヒイロさんもイイ!
あの、一瞬だけエムの方を見るときの顔が、いつもは見せないような「しまった!」というような焦った顔なのよね。
いつも無表情なだけに、たまに見せるそんな顔が彼のエムへの思い入れの強さを痛いほどに伝えてくるのよね・・・。

あと、パラドがついに味方(っていうか、敵の敵?)になる展開にも胸熱。
ゲンム社長も、そろそろ役目を終えるっぽい(?)し、新たなボスとなりそうな人物も登場したし、いよいよ中盤に向けて話が盛り上がっていきそうです。

そして次回なのだが・・・。
ヒイロさん、エムに「どうして僕がゲーム病だって教えてくれなかったんですか!」って詰め寄られて、思わず目を泳がせてしまったりするのだろうか。
そしてもしかして、ヒイロさんがエムを看病するのだろうか・・・。
(ハアハア)
「お前は俺の患者だ!」とか
「大人しく俺の言うことを聞いていろ」とか
「今はまだ、動ける身体じゃない」とか
言っちゃうんだろうか(ハアハア)。

まあ、次回予告だけでもヒイロさんってば凄いことになってるので、次週を楽しみに待ちたいと思います♪
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1454-ac274ea2

 BLOG TOP