プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイダイ
ナグリちゃんのキャラデザが近来稀に見る完成度!

ついに登場しました、チギルとネジルの母である王妃ナグリ!
「引っ張るだけ引っ張ってやっと出たと思ったらただの筋肉フェチだった」と、早速突っ込まれていましたがほんとに、彼女、OPやEDに登場してからが長かったよね。キャラデザも設定も、ある程度の想像はついてはいたのですが、実際動いているのを見ると期待以上の可愛いさ。
何といっても、あの太い三つ編み(?)が印象的で、唐突ですが西尾維新の「いーちゃんシリーズ」に出てくる、竹さん描くところの橙ちゃんを思い出しました。

↓橙ちゃんってのはこの子。
51fBNaV3-WL.jpg

二人とも、超肉体派・武闘派というところも共通していますが、ナグリちゃんは竹さんイラストっぽいシンプルな可愛さにプラスして、藤崎竜の「封神演義」に出てきそうな萌えキャラ臭まで兼ね備えていて、まさに最強の完成度。
(萌えキャラ臭=萌えキャラ、というわけではないんです、念のため)

↓「封神演義」に、似たような女の子がいたはず・・・と思って探してみたら、やはりいました。名前忘れちゃったけどw
この、左手が巨大な感じとかが「萌えキャラ臭」なんですけど・・・わっかるかなー(笑)
手足がロボット的に巨大なのは萌え要素を加味されている、というか「行っくよー!!!☆」とか言っちゃうような、ある種のキャラ付けがされている証だと思います(笑)
RR640860.jpg

えー、三つ編み談義はこれくらいにしまして、今週のヘボットは裏の世界、というか別の階層の話もだいぶ明らかにされてましたね。
土星ババアって怖いなー、って思ってたけど、土星のみならずあまたの惑星、太陽系外宇宙までが、地球の、というかネジが島の動向に注目している模様・・・。そして、ナグリ妃と同様、ネジが島の秘密を知り、他の階層でネジが島を守るために戦い続けていると思われる金髪おだんご頭にゴーグルの姫らしき人物(彼女はこの階層では黒髪の目がイッちゃってる狂った女キャラらしいのだが・・・)、何だか宇宙会議っぽい席で糾弾されてましたが・・・。
更に、今までにもちょいちょい出てきた、世界が何週かした後のネジルの成れの果てらしきオッサン。
あのオッサンの目的は、凍てつく氷のクレバスに閉じ込められたままの自分の相棒ぼボキャボットを救出すること、だったらしい・・・。
ナグリ妃がボキャ美を見て、何か言いかけるのも気になるし、最後にみんなで撮った家族写真がEDの絵と同じなのも気になるし。
なんか最近、悲しい最終回しか想像できなくてマジ切ないんですけどー。
ヘボットでこんな気持ちにさせられようとは・・・。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1495-28eafad8

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。