プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


タイガさんが死んでなかったことに衝撃(笑)

イヤもう完全に死んだ流れだったでしょ(笑)
ラストシーン直後の次週予告で手術台の上に乗ってるのをみて、思わず「死んでなかったんかーい!」とツッコミ。
いやだって、「俺はドクター。自分の体のことは自分でよく分かっている」とか言ってたしね?
ニコちゃんが「タイガーッ!!!」って言って体をユサユサ揺さぶっても、まわりのドクターや看護師さん、誰も止めようとしなかったしね?
てっきりアレはもうお亡くなりになったのかと・・・。
うーん。
でも、白衣のままコンクリートの地面に腹ばいになってた姿が恰好良かったので許そう(笑)
イヤー、タイガさん、不器用だ不器用だと思っていたけど、立派に主役を張れる死にざま(←違う)を見せられるようになったねえ。
小母さんは嬉しいですw

で、その次週予告だけどね、アレもう完全に、ヒイロさんが、タイガさんを取るかサキちゃんを取るかの選択を迫られてて、迷いながらタイガさんの手術をしている最中、耳に「世界で一番のドクターになって」っていうサキちゃんの声が聞こえてきて、「そうだ・・・俺は世界一のドクターになるんだ! そう、サキのためにも・・・」とかって改心しちゃって、手術も成功してめでたしめでたし、っていう流れですね!
次週のタイトルが「涙のperiod」ですしね、ヒイロさん、ついにサキちゃんの思い出にピリオドを打つのでしょう。
ヒイロさんがサキちゃんにこだわり続けたのって、サキちゃんをそれほどまでに愛していたから、というより、自分の取った態度のせいで人を死に至らしめてしまったから、という要素が大きいと思うんですよね。
つまり、彼女のため、というより、自分の犯した大きな罪、失策を無かった事にしたい、というような・・・。
でもって更に、後悔しつづけた5年の間に、自分の感情にはそういった愛情以外の、打算的な気持ちが混じっているのを薄々自分でも気づいてしまった、だからなお一層、サキちゃんの事を愛しているんだと自分で思いこみたい、みたいな・・・。
根が優等生ってか根が真面目だから、一旦思いこむと融通が利かなそうだしね。
もう5年も経っているわけだし、もしも死の直前の彼女が今に蘇っても、彼女自身も周囲もとまどうだけなんだけどね・・・。
手術で目の前の命を救うことが出来る現実を久々に体験して、そんな5年間の自己撞着にようやくピリオドを打てるようになるのでしょう。

あと、CRにキリヤさんが参入して、なんかだんだん「スペースオペラの愉快な仲間たち」みたくなってて面白い。
熱血キャプテンのエム、頭脳派皮肉屋のクロト、飄々とした一匹狼タイプのキリヤ、そして紅一点のピポパポ。
変身したキリヤさんとピポパポが、クロノスのポーズが解けた瞬間にぶつかりそうになって、キリヤさんが「悪い悪い」みたいに謝ってたのもちょっと面白いです。キリヤさんがいると、なんか空気が軽い。
ここに融通の利かないヒイロさんが戻ってくるとどうなるのかも楽しみですw
ピポパポちゃんは、「そのゲームはクロトが作ったものだからデータも私たちに返しなさい」みたいな、息子の仇を取りにいじめっ子の家に乗り込んでいく気の強い母親みたいな雰囲気を出してましたね。クロトがからむと母性が発揮されるみたいなのが面白いです。
最後、タイガさんの動かなくなった体を囲むエムたち、その中に入っていけず、後ずさりしてその場から逃げ去るヒイロさんの姿が悲しい・・・。

そしてレベル100になったヒイロさんの新しいガワなのだが・・・。
うーん。
白という色が、なんか未塗装のプラスチックみたいで安っぽいです。銀色にして欲しかった、かな・・・。
あと、あんなに強いんだったらもうちょっと早くタイガさん助けてやれよ、とか・・・。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1497-fbd721a0

 BLOG TOP