プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天はエグゼイドに味方した!

屋上でパラドさんと対峙するエム。
死の恐怖におびえながらも虚勢をはるパラドと、そんなパラドに冷徹に決着を付けようと言うエム、二人の頭上には灰色の雲が恐ろしい早さで渦巻き流れて・・・。

このシーンの雲、合成でしょうか?
流れるスピードが速すぎる気もしますが、あんまり作りものっぽい感じがしない。
あと、もし合成だったらエムとパラドの背景の雲の流れを同じ方向にするんじゃないのかな。
どっちにしても、二人の関係にいよいよ終止符を打つ、重要でドラマチックなこの場面、渦巻く雲があまりに恰好良かった。
先週の、ヒイロさんの涙雨と同様、ちょうど良いときにちょうど良い天候に恵まれていたのでは、という気がします。
天気もエグゼイドという傑作ドラマの製作に味方している!

さて、パラドさんの最後ですが、予想外にあっさりしていたので、これは「復活、来るな」と思ってしまいました。
パラドさんほどの重要人物があんなにスッキリ退場するはずが無い。次週予告を見ると、エムが久々にダブルに変身しているので、多分、ガジェットそのものや自分の中に残されたパラドの記憶とかデータを使ってパラドを再構成するのでは?
東映公式を見ても、パラドさんこと甲斐くん、撮影がオールアップになっていないようだし、まだまだ出番はありそうです。
甲斐くん、いつも冷笑的な喋り方しかしないキャラだったので、エムたちに比べて役者としての成長っぷりが見えにくかったのですが、先週今週あたりの壊れかかってきた演技、とっても良いですよね! 更に一回り大きくなって、早く再登場してほしいです。

あと今週は、お約束とはいえタイガさんとヒイロさんのからみが何とも微笑ましい。先輩でもあるタイガさんに敬語を使うヒイロさん、ニコちゃんの病状を隠していることをアッサリ見破られる、嘘の下手なヒイロさん。
なんだかんだ、この二人って仲良しですw

あと、苦しんでいるニコちゃんを見て、唇の上にはさんでいたボールペン(?)を、ポロンと落とすキリヤさんこと小野塚くん。
うーん、彼は本当に、こういうさりげない軽い演技(アドリブ?)が上手い。
敵キャラだったときの暗い目つきで押し黙っている感じよりも、味方になった今の、こういう飄々とした味のほうがずっと魅力的。そういう意味で、キリヤさんは敵に回してはいけない人だと思いました。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1500-b203f973

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。