プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週も 神回だったぜ エグゼイド
最終回が 来るのが怖い

もうね、一瞬も目が離せない、息つく暇もない、とはこのことですね!

30分の間に、パラドの復活・パラドの改心・エグゼイドとパラドの共闘・クロノス撃破・クロノスの超進化(?)とリセット、これだけの要素を詰め込んで、バタバタした感じも駆け足の感じもない。
パラドという悪役を、真に自分の一部として迎え入れるエムの心情にも無理がなく、っていうかエムが医師として・ゲーマーとして・仮面ライダーとしてこの先自分の進むべき道を進むためには、真になりたい自分になるためには、パラドという影を抱きしめることが必要不可欠だったんだなあ、と。
光だけの自分であろうとするのではなく、影の部分もまた自分であることを認め、そのすべてが自分であること、自分の責任から逃げないこと、そういう決意をするのはエムのほうなので、一見パラドが己の非を悔い改めて改心したように見えるけど、実は心理的に、もっと大きな決断をしていたのはエムの方だったんじゃないのかな、と思います。

屋上の場面、パラドが泣きわめいて地面にうち伏しても、厳しい表情を崩さず振り向きもしないエムの横顔、心の中で激しい感情が渦巻いているのにそれを理性で押さえつけているのが手に取るように伝わってきて、「ああエムってば、このあと何を言うつもりなの? 突然感情を爆発させちゃうの?」とドキドキしながら食い入るように見つめちゃいました。
大声を出しているわけでも泣いたり怒ったりしているわけでもないのに、痛いような緊張感で引き込まれてしまうような演技。凄い。
エグゼイドの成功の最大の要因は、飯島くんを主役に据えたことじゃないかしら。
「医師でゲーマー」という、ちょっとどうなのかと思われた主人公に血肉を与え、悩める等身大の青年でありかつまたヒーローでもあるという存在を魅力的に演じきっていて素晴らしい。
研修医をやってるときの明るい笑顔から戦いの中で見せる容赦のない冷たい目つきまで、同一人物とは思えないほど表情・顔つきが変わるのも凄いです。

今週はあと、パラドさんこと甲斐くんも良かったですね~!
死の恐怖に直面したことで初めて、自分のしてきたことを悔いる、というのはちょっと甘い気もしましたが、「パラドには心がある」ということで納得。「心」って便利な言葉だなあ。ドライブの時にチェイスが「にんげん・・・こころ・・・」とかブツブツ言いながら戦っていたのを思い出しますね(笑)
そしてエムと二人、並んで変身にも心が躍りました。
やっぱアレですね、ヒイロさんが改心したあとの「並んで変身」にも心が躍ったのですが、ただ並んで変身するだけじゃなくて、「苦しんだ末に主人公の側に立って戦うことを決意したもう一人のライダーと、主人公が並んで変身」だからこそカッコイイんですね。
二人の決意と、互いへの信頼とがそこに見えるからこそ燃えるんですね。
パラドさん、久々に楽しそうに戦っていて良かった良かった。

・・・しかしまあ、ここに「リセット」という大技を持ってくるとは。
うーむ、確かに「ポーズ」があれば「リセット」もアリ、ですよね・・・。
もうすぐ最終回、この高いテンションを維持したまま突っ走るのだろうか。
史上まれにみる最高のラストを見せて欲しい! と思う反面、もしこれでラストバトルがショボかったら勿体なさすぎる! という不安もちょっとだけあり、予測もつかない展開を期待しつつ、最終回後にエグロス(エグゼイドロス)に陥る自分の姿が今から想像できてしまい怖くもあり・・・。

とにかく、熱い熱い夏が来てしまうことだけは間違いありません!
そして映画館に行くのも今から楽しみでならない自分です。
HAHAHA、特撮愛に年齢も性別も関係ないぜ!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1503-72a60c74

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。