FC2ブログ

プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ルパン」という名前の強さ!

さて、再開後初めての記事は本日スタートの新戦隊の感想です。

まず、「怪盗戦隊vs警察戦隊」というコンセプトの斬新さに敬意を表したい。
ライダーにしても戦隊にしても、過去の伝統を踏まえつつ、流行のものや新しいものを取り入れることに貪欲ですよね。
「試しにやってみよう」感がすごい。
私は「ウルトラマンガイア」で特撮ファンになった人間なので、しばらくはウルトラマンシリーズを見続けていたのですが(仮面ライダーや戦隊はヒーローや怪獣が巨大サイズじゃないのが物足りなかった)、円谷の作品はなんか過去に縛られていて古臭いし、飽きがくるんですよね。
そういう大時代な雰囲気が好き、という方もいるのであくまで個人の趣味の問題ですが。

「怪盗戦隊」という要素には以前に「宇宙海賊ゴーカイジャー」という類似の戦隊がありましたし、「警察戦隊」についても「特捜戦隊デカレンジャー」があってけして目新しくはないのですが、それを両方出してvsものにしちゃう、ってのがね。新しい。
新しいものにはそれだけで大いなる価値がある。
この年になるとね、つくづくそう思うんですよ(笑)

それと思ったのが、「ルパン」という言葉というかコンテンツの強さ。
「怪盗紳士」というイメージの強烈さ。
シルクハット、マント、あとはトランプカードとか予告状を小道具として使ったりとか、正体が貴族っぽかったり物腰が優雅だったりする、更にはおフランスの香りとか、美女とのアバンチュールとか、ある一定のイメージを「ルパン」の3文字で醸し出してしまえるという・・・。
(「ホームズ」という言葉も強いんだけど、「ルパン」には負ける気がするの・・・)

そんな「ルパン」戦隊、2年前のアニメ「怪盗ジョーカー」の影響もちょっと見られるようなカードを使った戦い方などもしていましたし、変身ポーズが壁の前でスポットライトが当たっているのは「ルパンⅢ世」っぽいし、「ルパン」という言葉の持つイメージを引き出しまくっていてとても楽しいです。
ルパンレッドが貴族のぼっちゃまで、老執事(なんと温水さんだー!)がお仕えしているのもナイス。
怪盗同士が、他のメンバーに対してドライなのも良いですね。お互いがお互いの実力を信用しているからこその、
「お前がピンチになっても、オレはお前を助けない。お前のことだ、勝手に逃げるだろ」
みたいなねー、良い友情の在り方ですねw
・・・なあんて思っていたら、脚本が私の大好きな香山純子先生だったのよー!
(香村純子先生は「仮面ライダーウィザード」や「動物戦隊ジュウオウジャー」でおなじみの脚本家です)
やっぱりね、なんかツボを分かってらっしゃるわー!

警察戦隊に関しては、登場シーンが少なかったので様子見です。

あと、悪役マフィア怪人どものパーティー会場のシーンも良かったですねw
床が白黒の市松模様なのもゴージャスだったし、何よりも、よくもまああんなに怪人を集めた(作った)と感心致しました。
ああやって、ヒトならぬものたちが大勢集まってワヤワヤやってる雰囲気はスター・ウォーズのタトゥイーンの酒場っぽくて好きだー!

「宇宙戦隊キュウレンジャー」も最後まで楽しくみていましたが、今度の新戦隊もこの調子だとけっこう楽しめそうな気がします。
ただ、時間が朝の9:30からになってしまったので、録画しないと見づらいのが面倒くさい・・・。
日曜朝は戦隊のおかげで早起きできていたのに・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1518-de46e861

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。