FC2ブログ

プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらやだザミーゴさんかっこいい・・・ 

ブラックジャック(エグゼイドのタイガさんでもいいけど)とスナフキンを足して2で割ってアミーゴ風味をつけ足した、強すぎるキャラの持主キタ━(゚∀゚)━!!!
しかも変身後のガワが、なんかクトゥルーの神々っぽいし(親玉ドラグニオもちょっと触手系ですよね)、両方の太ももに吊るしたホルスターならぬ拳銃生成器(?)からどんどん氷結拳銃を抜いては撃ち、抜いては撃ちして使い捨てていく二丁拳銃のバトルスタイルもいかしてます。
ガワの目だけが細く赤く光っているのもカッコイイ!
更に、演じている入江甚儀さんの声がカッコイイ!
早くも、ルパンレッドと宿命のライバル感を出しているのもグッときますね~!
ルパンレッドの宿命のライバルはパトレッドなのではないかという疑問はさておき・・・
まあ、男には七人の敵がいる、って事で!

ここの所、土日が忙しくてなかなか感想を書けませんでしたが、ルパンレンジャーvsパトレンジャー、相変わらず快調です。
特に泣けたのが第七話「いつも助けられて」で、怪盗戦隊の妹キャラ、初美花ちゃんの代表作になりそう。
前に第4話の感想を書いたとき、初美花ちゃんの演技がちょっとなあ、みたいな事を書いたのですが、この七話ではそんな頼りなさを逆手に取って、守られてばかりだった女の子が一人、仲間を守って戦う決意をする姿、自分の意思で成長していく姿がじっくりと描かれ(レストランのトイレで鏡を見ながら怪盗の衣装を整えるシーンに、彼女の決意のほどが感じられて俊逸)、役者さんである工藤遥さんと役柄である初美花ちゃんとの、二人の成長がシンクロして見えるのが実に感動的。
ライダーや戦隊を見続けていると、若く経験の浅い役者さんたちの、こういうターニングポイントになる瞬間に立ち会えることが多く、それもまた特撮の魅力の一つだと思っています。

今週の初美花ちゃんも良かった!
魁利と透真が何かにつけ対立してしまう中、まだ終わっていないと二人を勇気づけ、あたかも三銃士のように、3人の銃を中心に重ね合わせて変身する場面。
もう、六話までの頼りない初美花ちゃんではないんだなあ、と。
しみじみ。
戦いが終わったあと、透真が「まかせろって言っただろう」と皮肉を返すのもちょっと好き。
透真は透真で、口数は少ないけど負けず嫌い、っていうか、執念深いとこあるのよね(笑)
私が好きだったのは、第六話「守るべきものは」で、圭一郎がつかささんから平手打ちされたと聞いて、すかさず「浮気か」と反応する場面ねw
さすがメンバー最年長、大人ですわー(笑)

さて、ルパン戦隊のことばかり書いてきましたがやはり私の愛は警察戦隊に注がれているのでした。
夜中にボーッとしている魁利を心配して声をかける圭一郎、わざわざお店まで様子を見に来る圭一郎、ほんとに泥臭くて熱血で鈍感で、いいキャラだわー。
そしてそれを変に恰好つけずに素直に、かつ情熱をこめて演じきる結木滉星さんという若い役者、凄いなあと思います。
もちろん、つかささんは近来の女の子ヒーローでは断トツに好きだし、ヘタレ担当の咲也くんも実にいい味を出していて大好き。
次週はその咲也くんの女装(女体化?)姿が見られるとあって、もう今からワクワクが止まりません!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1526-bfcd9f0e

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。