プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星占いで安心する


中学生のころ、星占いが好きで12星座の性格や相性を覚えたりしてたんですが、最近フォーゼ関係でまた興味がぶり返してきました。
本屋で目立つところに並んでいる、石井ゆかりさんの12星座別の「双子座」の本(WAVE出版・刊)を入手。
そうそう、言い忘れてましたが、私、双子座なんですよ。フォーゼで、どんな奴がジェミニ(双子座)で出てくるかと思うと楽しみで楽しみで。
そしてAB型で出身地は神奈川、スリーサイズは・・・あ、私の情報はどうでもいいですか。

えーとそれでね、その石井ゆかりさんの本読んだら心が軽くなったっていうか救われたっていうか・・・。
「双子座は飽きっぽい」「長続きしない」というのは前々から言われている基本性格なのですよ。
で、この本には「双子座が後悔するときは、『自分は逃げたのではないか』という疑いにさいなまれる」って書いてあるんですね。
「それまで積み上げてきたものを、簡単に捨ててしまうことがある」とか。
そうなんです、自分は本当に逃げ足が速くて、何か一つのこと、好きなことに打ち込むことができないんです。
だから「好きなことを仕事にしている」というような人を見るともう、羨ましいやら自分が情けないやら・・・。
何十年にもわたって、そんなコンプレックスを持っていたんですよ。
でも、この本には「ひとつのことをやり続けたり、全面的な責任を負うことも避けることがあります。これは、無責任というより、自分が動きたいときに動けなくなることがイヤなのです」とも書いてあります。
まあ他にも、いろいろ書いてあって、まあ要するに「長続きしない」という意味のことを言葉を変えて言っているんですが、この人の物の言いようが優しいんでしょうか、初めて「それでもいいんだな」と思えるようになりました。
「こんな風にフラフラしてるのは自分ひとりじゃないんだな、少なくとも世の中の12人に一人は私と同じような事で後悔したりコンプレックスを持ったりしてるんだな」
と思ったら、心が軽くなりました。
占いって、こんなふうに人の心を楽にしてくれるものなんだな、って改めて思って、占いそのものを見直した年末年始でした。
さっそく二人の娘にもそれぞれの星座(獅子座と魚座)の本を買ってきました。
二人とも熱心に読んでいます。何か心当たりがあるんですかね。

逆に双子座の長所は、いろんな情報をあちこちから引っ張ってきてつなぎ合わせる能力。ここのブロクのことじゃん!(自画自賛じゃん!)

でもって、長々と書いてきましたが、実は私、星座占いをあまり信じてないんですね(笑)
読み物としては面白いのですが。
(最近は12星座の擬人化萌え、というのもあるようで・・・)


でも、この本に書かれているような悩みは誰にも大なり小なりある事なのでは。
それを読んで心が軽くなるのなら、読めばいいじゃん、という感じです。
占いって、基本的には人を幸せにするためにあるんだと思うので。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/153-ded11347

 BLOG TOP