プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カエルやオタマジャクシが、雨のように降ってくる現象、ありますよね。
ああいう現象のことをファフロツキーズ(ファフロキーズ、じゃないです。念の為)と言います。
さて、このファフロツキーズ、古今東西の歴史上にも何度も記録されていて、魚・石・穀物・血の雨などなどいろんなものが数えきれないくらいの回数、降っているのです。
原因としては、竜巻説とか飛行機からの落し物説とか鳥の落し物説とか錯覚説とかいろいろあるようですが、いずれも説明しきれていない感じ。
一軒の家だけにリンゴが降ったり、一軒の家だけに小石が八年間降り続いたり、といった記録さえあります。
とても理性で説明できるものではありません。

こういう不思議系の話題が昔から大好きです。ロズウェル事件(1947年アメリカで起きた、本物のUFO墜落と思われる事件)とかね。

ところが最近、こういういわゆるトンデモ系の話が荒唐無稽と片付けられなくなってきました。
アポロが月に行っていなかった! という話も、以前はトンデモ説として大笑いしていたのですがいつしか笑えなくなったし・・・。
コーロッパの金持ちが地下にシェルターを作っているという話も笑えなくなったし・・・。
9.11ヤラセ説などは実際に多数の方が命を落としているだけに中途半端な流言に惑わされるのは不謹慎だ! と自戒していたのですが、状況証拠が多すぎて、どうも本当としか考えられなくなってきたし・・・。
それ以外にも、若いころなら「いくらなんでもそれはトンデモSFの世界でしょー! げらげら」で済ませたような話題、一言でいうと陰謀説ですが、ちょっとネットを歩くとゴロゴロしていて、「すべて信じる」という所まではいかなくても、なんかこう・・・笑えなくなりました。

正直、こんな世界で明日を信じて生きていくのは大変だなあ、と思うのですが希望は常に持ってなくちゃいけないですよね。
ああ、「歯医者の予約がある」っていうだけで、考えることがペシミスティックだー!!

ファフロツキーズみたいな罪のない(?)超常現象、やっぱ好きですよ。紙幣が降ってきたという記録もありますから、それはぜひ目撃してみたい。誰も信じてくれなくていいから、一人で(笑)
ちなみに、ファフロツキーズ現象について詳しく知りたい方は、山本弘「神は沈黙せず」(角川文庫。ファフロツキーズ現象について詳しく書かれている)という本を読むかまたは、「超常現象の謎解き」(リンクフリー、連絡不要と書いてありましたので貼らせていただきました)というサイトを見てください。知れば知るほど不思議・・・!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/169-4b625181

 BLOG TOP