プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


先日の芥川賞受賞インタビューでは、田中慎弥さんの面白さばかりが際立って、もう一人の円城塔さんは「地味な人」という印象でしたが、あの時の記者会見で彼はすんげえ漢な発言をしていたのです。という話題。

次回作の予定を聞かれ、伊藤計劃の遺作となった未完の長編『屍者の帝国』を完成させる仕事がそろそろ終わりそうだ、と答えています。
「わたくしはデビューして今年で5年目になるんですけれど、ほぼ同時期にデビューして、3年前に亡くなった、伊藤計劃というたいへん力のある作家がいました。その伊藤計劃が残した冒頭30枚ほどの原稿があります。それを書き継ぐ----といっても、彼のように書くことは無理なんですが、自分なりに完成させるという仕事を、この3年間、ご家族の了承を得てやってきました。そろそろ終わりそうです。『なぜおまえが』という批判は当然あるでしょうが、次の仕事として、やらせていただければと思っています」
SFが好きな人ならご存知でしょうが、この、伊藤計劃という人と円城塔とは全く違う作風ながら、北島マヤと姫川亜弓のように同時代の二人の天才、宿命のライバル、かつ仲のいい作家仲間だったわけです。(個人的には、円城塔の作風の方が好きなんですけどね)
ゼロ年代の日本のSF界をしょって立つ二人、だったのです。
ところが伊藤計劃という人は、2009年に若くして病死してしまいます。病床で最後まで書いていたという、遺稿の続きを円城さんがずっと書きついできて、ようやく完成しそうだ、というのですね。
円城さんと伊藤さんは、文体も作風もまったく違うのに、故人の名に恥じない作品を仕上げなければならないという重圧のもと、盟友の為に三年間書き続けた円城さんの思いに胸が熱くなります。

「屍者の帝国」は死者が甦る技術が開発された、もう一つの19世紀英国が舞台のスチームパンクらしい。ワトソン君が語り手とか。面白そうですね。楽しみです。

伊藤計劃の代表作は「虐殺機関」「ハーモニー」など。(ともにハヤカワSFシリーズJコレクション)
興味ある方は、ぜひ読んでみてください。

SF好きな人ならとっくに知ってるし、SFに興味のない人にはまったく無意味な記事を書いてしまいました。
まいっか、たまには。テヘ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

時代の流れには乗りにくい堅物

> すんげえ漢な発言

・・・とおもってたら、世間ではきびしいことを書くサイトも
あるんですねぇ~。
http://www.birthday-energy.co.jp

堅物思考なんて評価されてしまってます。
そんなこと無いと思うんですけどねぇ。

そろそろ受賞作も発売される時期ですね。
たのしみです!

いらっしゃいませ!

梓紗さん、初めまして。
この記事にコメント入れてくれるなんて、SFお好きな方なんでしょうか。嬉しいです~!

教えてもらったサイト行ってみたのですが、
「不謹慎だ!」
「売名行為じゃないのか!」
とか、そういう過激な反発じゃなくて、まあ良かった。
占いは、基本的に的中しないものだと思っているので、
私は気にしませんよ。
実生活でたとえ堅物であっても、あんな軽妙な作品を書いてくれるのなら全然OKです。
個人的に、彼と付き合う予定はこの先、特にないので(笑)

それより受賞作早く読みたいですよね!
多分、読んでも私、難解すぎて意味わかんないと思うのですけど・・・

いい話ですなぁ…

泣いた 。・゚・(ノ∀`)・゚・。
とっても熱い漢でございますな円城氏!
田中さんに全部持っていかれちゃったけどw

文豪同士の繋がりや、作品完成までに至る人間撃破、小説よりも面白かったりするものですが、円城氏のこれまでの経歴・経緯なども滾るものがありますね!

受賞作もそろそろですね。…読んでみようかな?

伊藤計劃も恰好いい。

本記事には書かなかったんですけど、伊藤計劃さんは癌にかかっていたんですよ。
長く苦しい闘病生活の間に、日本SF界を代表するような傑作を次々とものしていったわけです。
そして、死の床で書き続けた新作、冒頭30枚分の遺稿・・・。
しかもその内容が、ワトソン語り手のスチームパンク、って・・・。
不謹慎な言い方になってしまうのですが、恰好いい生きざま、恰好いい死にざまというものがあるとすれば、伊藤計劃の最期には強烈にそれを感じます。
そして今回、円城さんのあの発言で、円城さんにもそういった恰好いい生き様を感じ、再び不謹慎ながら、その友情に痺れてしまう恰好悪い生き様の腐女子な自分なのでした。

P.S.
そうそう、電磁波倶楽部、見ましたよ~!
やはり良からぬモノでしたな(笑)。
アレをやる為には、もしかして全身の体毛を剃らないといけないのでは・・・!?

今日、誰かがここにコメント入れてくれたようなのですが、文字化けしてたので削除してしまいました。
ゴメンネ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/173-62f57205

 BLOG TOP