プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


国語辞典 開いたところ 「初夏」だった

今日、会社で来客にお茶を淹れようと伊藤園の「おーい お茶 緑茶」のティーバックを手に取ったとき、そこに印刷されていた「第十五回 中学生の部大賞・宮崎友恵」さん作の俳句。
つい、手が止まる新鮮さ!
中学校で、多分窓際の席で、春というには強すぎる日差しが机にも手にもノートにもサンサンと差していてちょっと目にも眩しいくらいで、窓の外の桜の木は青々とした新緑に覆われ、気持ちがいいから開け放した窓から爽やかな空気が流れ込んでくるような、そんな教室風景が目に浮かびます。
授業中に何気なく開いた辞典のページから、「初夏」の文字が目に飛び込んできて、そうだ、この気持ちのいい季節を「初夏」っていうんだっけ、と思わずはっとしたんでしょうね。
ちょっと季節が早いですが、ここ二日ほど暖かくて日差しも強くなってきていたので、これから始まる大好きな季節のことを思い出し、私の「お気に入り俳句」にひそかに登録させていただきました。

伊藤園のこの新俳句シリーズ、時々、これは好きだ! と思うものがあり、あなどれません。
それにしても、日本人って老若男女、ほんとに俳句が大好きですよね。

前にいいなと思ったのが、作者のお名前は忘れてしまったのですが、

シャワー全開 君をとられてなるものか

という一句。
季語がないのですが、新俳句だからいいのかな?
デート前の、若い(と言っても中高生ではない。20代前半くらいの感じ)男性が、気合を入れて髪とか洗ってるんでしょうね。多分、湯船がなくシャワーしかついていないバスルーム(立ったまま、という感じがするので)。狭いワンルームマンションでしょうか。
シャワー全開、というのは一種の贅沢ですよね。シャンプーもいつもより大量に使ってるんでしょう。水の勢いを肌に痛く感じながら、彼女のことを考えている。でもその彼女、どうも近頃、別の男に言い寄られているらしい・・・。
なんだかトレンディドラマ(言い方が古っ!)みたいな絵が浮かぶ、ある種の可愛さがある句です。
彼、シャワーの後は乾いた大きなタオルで全身をガシガシ拭いて、おろしたての勝負パンツ穿くんですよ、きっと(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんはー

 そういえば、大学の友達で、おいお茶の俳句で入選したって人がいましたね! 私も確か一回出した覚えがあるんですけどだめでした……

 &ブログ紹介あげ有難うございますv-290

第Q地区 いつもあなたを 待ってます

ゆういちさんも応募したことあるんですかー!
凄ーい!
そして友人の方、もっと凄い。

私は俳句や短歌は、読むのは割と好きですが自分で作ろうとは思わないですねー。
作ってる人は尊敬します。

なお、ブログ紹介記事は新顔が来るたびに上にあげる事にしています^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/208-5a40c3cc

 BLOG TOP