プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


「ファントム・オブ・パラダイス」を見ていてポール・ベタニーの事を思い出したので、彼の主演作でまだ見ていなかったものの中から、カッコいいと評判のこの作品を借りてきて見てみました。
私の映画鑑賞って、全部こんなふうに芋づる式につながってるんですよw

私見ですが、ギャング映画ってもれなくホモっぽいですよね。日本のヤクザ映画ももちろんだし、戦争映画もちょっとそう感じる。
血が流れるのが苦手なので、ギャング映画ヤクザ映画も戦争映画も、数えるほどしか見てないんですけどね。

さて、この「ギャングスター ナンバー1」は、そんな数あるギャング映画の中でも、かなりBLくさい部類に入るのでは(笑)
とにかく、野心家の若きギャングスター(役名はないので、ただ「ギャングスター」と呼びます)を演じるポール・ベタニーの狂気を宿した青い目、彼の魅力が半端ありません。ただひたすらに恰好いいです。監督さんは絶対、彼をいかにカッコ良く映すかに心血を注いでいます(笑)。金髪碧眼は、やはりあなどれません。
映画の最初のほうで、まだチンピラだった彼がグラスに入った酒を飲み干す時に上唇をめくりあがらせて、歯を見せている所がすでにカッコいい(どんだけ細かい観察をしてるんだ自分!)
ストーリーとかもうどうでも良くて、ただただいい男を鑑賞する映画ですよこれはw

若いチンピラだったギャングスターが、大物のフレディ(デヴィッド・シューリス)の手下となり、その優雅な伊達男ぶりに憧れて、その地位を奪おうとするのですが・・・。

フレディがそもそも若くてイケメン様なんですよw
大物感よりむしろ二枚目感でキャスティングしてますよね監督w
広い額にバラリと幾筋か落ちてる前髪が凄いよ一見の価値ありですよw
そして、そのフレディに一目で心奪われる若きギャングスター・・・w
敵ギャングの手下、マキシー(役者名分からず。スミマセン)もカッコいいんだよなー。
まったく、何なのこの映画(笑)。

とにかくポール・ベタニーの、あの色素の薄い顔がもうたまりません。美男子ではないんだけど魅力的な、何ていうんだろうなああいう、眉毛も瞼も無いみたいな顔を・・・。
爬虫類系? 
004(「サイボーグ009」のハインリヒ)系?
「ブレードランナー」で完全にハリソン・フォードを喰っていた、ルドガー・ハウアーもこの系列ですね。

時が流れ、年老いたギャングスターを、マルカム・マクダウェルが演じているのも見どころです。
そう、あの、「時計じかけのオレンジ」のマルカムですよ。すっかり老人になっちゃって・・・(遠い目)

・・・というわけで、ポール・ベタニーのファンには堪らない1本でしたが、映画としての出来はイマイチなので、彼の魅力に取りつかれてみたいという人には、まず「ロック・ユー」をオススメします。ヒース・レジャー主演の時代劇で、若き詩人チョーサーを演じています。「ロック・ユー」も映画としての出来はイマイチだと思う(スミマセン・・・)のですが、「ギャングスター~」よりは見ていて明るく楽しい。ポール・ベタニーも若いし、お見事なしゃべり芸も裸体も見られますぞ。
アカデミー賞受賞の「ビューティフル・マインド」では、主人公の友人役で登場し、鮮烈な印象を残します。これもオススメ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

はじめまして!
2年前の記事にいきなりコメントを残し、もう申し訳ありません。

ちょうどこの映画を見ようか迷っていたので、レビュー、参考にさせていただきました!

マキシー役の俳優さんはアンドリュー・リンコルン(リンカーン?)というそうです。

いらっしゃいませ!

城岩さん、はじめまして~!
ポール・ベタニーお好きなんですか? 嬉しいです~!
彼はすごく魅力的なのに、あまりいい映画に出ていなくて残念ですが、この「ギャングスター~」は男がみんな美しめで良いですwwさすがイギリス映画ww

>マキシー役の俳優さんはアンドリュー・リンコルン(リンカーン?)というそうです

おおー!
そうなんですね。この記事を書くとき、ウィキなどで調べたのですが分からなかったのです。ありがとうございます。
マキシーもチョイ役だけど味のある、いい男なのよね~ww

いきなりのぶしつけなコメントに丁寧な返信ありがとうございます!
実は作家の円城塔さんが好きで、こちらのブログをよく拝見させていただいていたので、素敵なブロガーさんとお話できて嬉しいです。

はい!ポール・ベタニーは映画『レギオン』から好きになりました。
「すっごいB級の映画なのに、なんだか演技上手な俳優さんだなぁ」とw


本当にかっこいい映画ですよね!
マフィア映画はよく見るのですが、アメリカのキッチュな雰囲気がかっこいいマフィアとはまた違って、とにかく耽美で驚きました!

長々失礼しました。また素敵な記事を拝見しに伺わせてください。

嬉しいです!

城岩さま、円城塔もお好きなんですね?
嬉しいです~!
円城はホント私の頭では何が書いてあるのかサッパリわかんないんですけど、でも大好きなんですw
新作がなかなか出ませんが、でも信じて待ってます!

ポール・ベタニーといえば、アカデミー外国映画賞の「英国王のスピーチ」の主役に、声がかかっていたらしいんですよね。でも断ってしまったと。
ベタニーの英国王、見たかったなあ・・・。

>とにかく耽美で驚きました!

「マジ?」って思うくらい、耽美ですよね(笑)
ポール・ベタニーが大仕事を前に上質のスーツに着替えるのがカッコ良すぎです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/247-f9ab8b1c

 BLOG TOP