プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


きゃはははは!
帰宅しましたよ!
しかも明日は土曜休の日なので(土曜日はほぼ隔週で出勤日)、もうテンションはMAXです。

でも話題がないんで、またもや手ブラジーンズがらみの話でいいですか?(笑)
球磨川君がジャンプ30号のカラー表紙で、またもや肌色率の高い表紙を実現した事はジャンプ購読者ならご存知でしょうが、この、「肌色」という言葉が、すでに死語になっているらしい。
今時の色鉛筆では、あの色に「ペールオレンジ」という色名がついているんですと。
つまりアレですね、「肌色」という色名は、人種差別につながるからなんでしょうね。
いろんな肌の色をした人がいるのだから、・・・という教育的配慮なんでしょうね。
でも、自分が子供のころから、あの、いわゆる「肌色」の色をした人間は身の回りにはいなかった気がしますけどね?
アレは日本人の肌の色として理想化されたイメージの色だと思うんですけどね。

まあとにかく、今時の小学生相手に、
「その肌色の折り紙を取って」
などと言っても、通じないことは確かなようですよ。

こうして、知らず知らずのうちに「昭和の生き残り」みたいな狭い枠に押し込められていくんですね・・・。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/340-638c0124

 BLOG TOP