プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ラノベからバカミス、純文学まで幅広く書き続ける、覆面作家の舞城王太郎が、3度目の芥川賞候補に。
候補作は「短篇(たんぺん)五芒星(ごぼうせい)」(群像3月号)。
何だろ何だろ、タイトルからして面白そう!

他の候補者を見ると、 鹿島田真希さん以外は知らない人なので(ただ単に私が無知なだけ)、今度こそイケるんじゃないかと。
舞城先生大好きだし、「ディスコ探偵水曜日」は平成になって読んだ本の中で最も感動した本なので、取れたらいいなと思います。
ただ、芥川賞受賞のあとで、発刊が遅れに遅れている、ジョジョ本は果たして出せるのだろうか・・・?

「ディスコ探偵水曜日」は、バカミス・トンデモSFでありながら魂を揺さぶられる傑作。
最後まで読むと、正義とは、勇気とは、己の信念を貫くとはどういうことなのか、という、人として生まれて一度は真剣に考えるべきテーマがまっすぐに届いてきて、舞城先生の思いの熱さに胸を打たれます。
まさかこんな表紙の本で感動するとわっ! 
ディスコ探偵水曜日〈上〉ディスコ探偵水曜日〈上〉
(2008/07)
舞城 王太郎

商品詳細を見る

ディスコ探偵水曜日〈下〉ディスコ探偵水曜日〈下〉
(2008/07)
舞城 王太郎

商品詳細を見る


こんな長い本、読めないよー、という方には短編集「熊の場所」あたりがオススメ。表題作は、神戸の酒鬼薔薇くんを連想させる少年の話。
熊の場所熊の場所
(2002/10)
舞城 王太郎

商品詳細を見る

あと、「好き好き大好き超愛してる」に入っている、アダムとイブの短編はフツーにSFとしても大好き。
ほとんど会話だけの、短い話ですが、いわゆる「セカイ系」の、頂点と言ってもいいんじゃないか、とすら思います。
好き好き大好き超愛してる。好き好き大好き超愛してる。
(2004/08/07)
舞城 王太郎

商品詳細を見る

ここに載せているのはすべて単行本の表紙ですが、どの本も文庫でも出ています。
これを機に、ぜひぜひ舞城先生のファンになってください~!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/347-7de58ee7

 BLOG TOP