プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


「おれはコアスイッチから生まれたコアチャイルド」
かーらーのー、
「オレたちの代表として、胸張って行ってこい!」
かーらーのー、
変身! 
じゃなーくーてー、
消失!
ですよ皆様《消失》ですよ。

どうなっちゃうんですかコレー!?

1969年、緑郎少年は星の声を聴く。
「わかった、約束だ、きっと行くよ」

そして現在。
月面に立つケンゴとユウキ、それにフォーゼ。
いきなりヘルメットを脱ぎ、自分の秘密を語りだすケンゴ。
「おれはこの月で生まれた。この身体はコズミックエナジーがマテリアライズされたもの・・・」
20年前、プレゼンターの手によって宇宙にバラ撒かれたコアスイッチ。
それは、その星に宇宙レベルの知的生命体が存在するのかを試すもの、つまりプレゼンターに会うための選抜試験(byユウキ)。
フォーゼシステムによる超人化を研究する緑郎、そしてゾディアーツ化による強制進化の道を選ぶ蒲生。
しかし意見の対立によって命を落とす緑郎は、死の前日にコアチャイルドを自分の息子として地球に送りとどけていた・・・。

ああもうそんなに一遍に言わないで~!
更に、ケンゴはプレゼンターの母星に戻る、と言い出す。
「もう二度と会えないの?」
ユウキの問いかけに、あえて平静な口調を崩さないケンゴ。
「それがおれの役目だったんだ、そんなに驚く事じゃない」
自分は地球人類のサンプルだったのだから、と・・・。

友情とか熱血でどうこうできるレベルの問題ではないし、ゲンちゃんが頑張ればどうこうできるという問題でもない。
だけどやっぱり、ゲンちゃんは熱い。デカい。優しい。
「ちげーよ。サンプルなんかじゃねえ」
よくSFにありますが、ある日突然、自分が大量生産品だったという事に気づいてしまうのって、どんな気持ちなんでしょうね?
映画「トイ・ストーリー」にもそんなシーンがありますが。
底知れない絶望というか虚無感というか・・・。
せめて自分の感情をシャットアウトして、それ以上傷つくのをふせいでしまうのでしょうか。
自分には、傷つくだけの心さえ、初めからなかったというのに・・・。
淡々と語り続けるケンゴ(高橋君)の表情が切なすぎる。

顔には出さなくても深く深く傷ついているであろう賢吾に語りかけるゲンちゃんの言葉の一つ一つが、泣ける・・・!
「感情がないなんて思えない。お前のすべてを受け入れる、だから無理すんな。芝居はやめろ」
「だって・・・そうでもしないと、辛すぎるじゃないか。おれはサンプル。だったらサンプルらしく振舞うしかないだろう。これが運命なんだ。逆らえない」
賢吾の身体をヒシと抱き締める弦太郎。
「行ってこいケンゴ。ただし人間としてだ。オレたちの代表として、胸張って行ってこい。プレゼンターともダチになれ。オレたちも、自分たちの力でお前に会いに行く。別れは心の骨折だ。今は痛いが、治ればずっと強くなる。オレたちはダチだ。ずっと・・・」
ゲンちゃんの、フォーゼのいいなと思う所は、こういう時、無駄な事を言わないところ。
こういう場面でよく、
「行くな! お前はもう人間だ、オレたちの仲間だ。プレゼンターなんかじゃねえ!」
というような、勢いだけ・熱さだけのセリフを耳にするのですが、それができないからこそ運命なんですよね。
行くしかないんだったら、感情を殺して行くのではなく、胸張って行ってこい、と言えるゲンちゃんは凄い。

ユウキも歌で応援だ~!
♪どんと行け行けプレゼンター♪
これも、旅立つケンゴへの、ユウキなりの応援歌。
いいなあ。やっぱフォーゼって、熱さのベクトルがまっすぐな感じでいいなあ。
泣かすんだろうなとは思ってたけど、思う壺!って感じでこの辺はボロ泣きしちゃいました。

さてそのころラビットハッチでは。
流星「それがあいつの定めなら、感情が消えた方が楽なのかも知れない」
こういう考え方もアリですが、やっぱここは、「胸張って行ってこい」だよね、うん。
そこに突然現れた立神!
(若き日の立神の髪のモサモサ加減が凄かったな~ww)
流星と立神で、狭いハッチの中での大立ち回りだー!
吉沢くん張り切ってますね。これもそろそろ見納めか(T.T)
更に変身して闘い続ける二人。
星心大輪拳の決め技も出してましたな!
大杉先生の捨身の攻撃も! 最終回を前に、立派な顧問になりました。
しかしレオのパワーの前に、ラビットハッチは破壊されてしまう・・・
さ、寂しい・・・! あそこが無くなっちゃうなんて。壊れる前に、一度入ってみたかった(T.T)

そこに現れた蒲生と賢吾、ユウキ、弦太郎。
「賢吾君。さあスイッチを渡してもらおうか」
「それはできません。プレゼンターに選ばれたのはオレだ」
気負うでもなく、なのに理事長を威圧する落ち着いた口調。
ウオオ ヤベエ ケンゴカッコヨスギ 
「言うなー!!」
逆鱗に触れた理事長、サジタリウスに。フォーゼと乱闘。窓が破れ、月面に空気が吸い出されて皆は逃げ出す。
ユウキにメモを渡すケンゴ。
「今までありがとう。さあ行ってくれ」
月面に出たケンゴ、ナチュラルに強いな!
フォーゼドライバーを渡すゲンちゃん。
「ケンゴ。これで行け。お前はお前のやらなきゃならない事をやれ」
「お前と会えて本当に良かったよ、弦太郎」
「初めてオレの名前を呼んでくれたな」
そうですね、ケンゴってずっと「如月」って呼んでたんですよね・・・。
後ろで見守るメテオが何かちょっと不自然・・・。

いよいよ、ケンゴが変身する時が来ました! 
わくわく。
高橋君、ポーズ決まってます! カッコいいです!
とーこーろーがー。
「どこまで私をバカにする・・・!」
超新星サジタリウスが邪魔しに来た~!
「月面のチリと消えろ・・・」
変身途中のケンゴを攻撃、コアスイッチ破壊。
倒れたケンゴの身体、まさかの消失・・・!

《消失》ですよ皆様!(しつこい)
これはびっくり!!

更に次週予告!
「最終回」の文字に泣ける。
ケンゴのメモを読み上げるユウキ。
そして、フォーゼの最後の決めセリフ、「最後のタイマン張らしてもらうぜ!」
これだけじゃ何もわかりませんよね(笑)
ウィザードのCMに時間を取られていたのが寂しいです。
「さあ。ショータイムだ」
ふむふむ。確かに、魔法使いというよりはマジシャンっぽいかも?

さて。
どうなっちゃうんだー!! と言いながらも、
「いくらなんでも、理事長にやられてあのまま消えたままって事はないよね。ケンゴ君戻ってくるよね」
と、早くも少し舐めている私。
やはり、2年前のWの時みたいに、きっと帰ってくる。と思う。
ちょっと残念なのは、サジタリウスにコアスイッチ破壊されるのが唐突な感じがする所。
変身中は防御力が下がるというのはまあ納得できるとしても、あの場にはメテオも、生身とはいえゲンちゃんもいたんだから、引き留めるなり盾になるなりするでしょ、普段だったら。無理に消失させられた感がどうもぬぐえません。
あのまま変身して、宇宙に行ってくれた方が、「運命の別れ」として納得できたと思うのですが。

あと、結局良く分かんなかったのが、蒲生とゾディアーツスイッチの関係。どうやって手に入れたのか、とか、ホロスコスイッチの事をどこで調べたのか、とか。
フォーゼ全体として、悪役が結局、理事長一人、動機も「自分が宇宙に行きたいから」、最悪の場合でも、東京が消失する程度、という、良く考えると割とスケールの小さい話だったのが残念といえば残念かも。それだけに、ケンゴの最期は運命的なものにした方が良かったと思うのですがね。
それだったら、「戻ってくるよね」なんて舐めた考えを持つゆとりもなかったんじゃないかと。
あとどうしても、ここ数週の時間の足りなさは見ていて辛い。あと2週くらい、最終コーナーに使っても良かったんじゃないかな?

とにかく、泣いても笑ってもあと一話!
一年間、こんなに熱心に見続けたドラマは自分史上初めてです。
最近はちょっと不満も口にしていますが、それでも自分の中ではブッチギリの面白さです。
見終わって廃人になってしまうのが今から心配ですが、心して最終回を待ちたいと思います!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ううっ…賢吾(´;ω;`)
弦ちゃんと賢吾とユウキのシーンメチャクチャ良かったです!!
思わず目がうるうると…。
先週東映さんの次回予告にあった写真で2人が抱き合ったところを見た時は
「こいつら抱き合ってる萌ええええええ!!!」
と思ったんですが、今週はそれどこじゃなくて…。
友情って美しいよお…(´;ω;`)
弦ちゃんの賢吾の運命を否定せず、背中をドーンと押してくれる感じすごい心強いです…。

流星と立神のアクションホントすごかったーー!
吉沢君頑張ってましたね(笑)
大杉先生が生徒を守ろうとしてたのもやっぱ良い先生なんだなーと思わされて…。

賢吾の弦太朗呼びはリアルに「ブゴォォォォ」と奇声をあげながらベッドに倒れ込んでました…。
確かにメテオもどっかしらで絡んでほしかった気はする…。

最後の賢吾のシーンは100歩譲ってフォーゼに変身できない弦ちゃんはともかく、流星お前メテオに変身できるんだから盾になってやればいいじゃん?って思った…w
でも最後綺麗にまとめてくれれば多少の荒は認めるぜ…!

てか48話って短くないですかーーー!?
せめて49話は欲しい…!!
最終決戦を47・48でやって49で後日譚みたいな…。
来週でフォーゼと会えないなんて信じたくない(´;ω;`)
その時になったら一緒に廃人になりましょう(笑)

泣かされました

大きな地球儀の前での賢吾とゲンちゃんのシーン良かったですね!
賢吾は理性的だから感情を押し殺すと思うのね。
でもそれを、「無理すんな」って言っちゃうゲンちゃんの鋭さっていうかカンの良さっていうか、いつも本人が一番言ってほしい言葉をかけてやるあの感じ。最近あんまりそういう場面がなかったけど、ここに来てゲンちゃんの人としてのデカさ、深さに感動です。
泣きながら明るい歌を歌うユウキに不覚にもまた涙・・・!

そして「感情をなくした方が楽かも」と言っちゃう流星は、やっぱ傍観者なんですね。これがゲンちゃんや二郎だったらもっと熱くなるのか・・・。

若き日の立神のシーンはあるのに、若き日の校長のシーンはカットされるなんて、どこまで存在が軽いんだ校長・・・(T.T)

Wに似てることにばかり気を取られていましたが、考えてみるとオーズも最後、親友別離の話でしたね。ライダー界の恒例?
最終回は1時間欲しい、に一票です。
廃人になる前にウィザードにハマれればいいけど・・・2年連続は難しいだろうな・・・

来週で終わるのか―(T_T)

フォーゼ終わっちゃうんですね…寂しい!

ケンゴ消えちゃいましたね。結局変身できなかったじゃないですかー(;∀;)
なぜに流星は護衛に回ってあげなかったんでしょう?生身のゲンちゃんはともかく、メテオお前は変身すればほとんど魔法使いだろうに。
サジタリウスがあのくらいでやられるわけないのに。まったく!

サジタリウス・ノヴァが意外とシンプルでビックリ。先週の次回予告で見た際には、ケンゴがあの姿になるものだと思ってたので2度ビックリ。見事なライダーキックに3度ビックリ!!!
あの容姿から察するに、フォーゼvsサジタリウス・ノヴァの一騎打ちは相当熱の入ったアクションになるものと期待が持てますな!


若き日の立神さんにちょっと(笑)
若いって言っても、けっこういい年してなにやってたんでしょうかね彼は?
あと、立神さんけっこう大人になってからホロスコープスになったんですね。校長もそうだったのかな?じゃぁ学生をゾディアーツにしてホロッスコープスに育て上げていた行為は…まぁ、細かいことはいいや。

今回、なにげに活躍したのは大杉先生。アンガ田中渾身の一芝居「生徒に手を出すなー」にちょっと涙が。
あんなにキモかった大杉先生が、生徒を守るためにレオ・ゾディアーツに生身で飛びかかるだなんてオラちょっと感動したぞ。この物語で一番の成長を遂げたのはもしかしてこの人なんじゃないかとすら思ったよ。

蒲生とゾディアーツスイッチの関係はたしかにまだ謎ですね。
ケンゴパパがコアスイッチ(ケンゴ)を含め各スイッチ+フォーゼドライバーを手に入れたのは月だと思うので、蒲生も同じように月で?で、モッさんと共に研究を重ねて様々なことを解明し、今に至ると…そんなふうに思ってますが、そのあたりは最終回で判明するのかな?

そんなこんなで来週最終回ですかー…結局、弦太郎のご両親のことはわからないままなのかーとか(もしかしてマシンマッシグラーやパワーダイザーを作ったのって…?)、そういえば園ちゃん先生とか木嶋くんてどうなったんだっけ(誰か迎えに行かないとだよね?)とか話題は色々残っちゃってますけど、とうとうクライマックスですね。
名残惜しいけど、最終回も、青春スイッチ・オン!

PS.ウィザードがスタイリッシュにカッコよくて、ださい印象の強かったフォーゼとのギャップの激しさもあって、すでに惚れてしまいそうなのですが、これって浮気ですか?

終わるのか? 終れるのか?

> フォーゼ終わっちゃうんですね…寂しい!

はいもうまったく寂しい限りです。
っていうか、ぶっちゃけここのブログに来てくれてる人って大半がフォーゼのファンの人だと思うので、もはや存続の危機です(苦笑)

サジタリウス・ノヴァは動きやすさ重視なんですかね。あの、不動明王みたいな火炎をしょってるのが好きだったのに。でも、真っ赤なボディも、スポーツカーみたいでなかなかイカしてます。
射手座はいいなあ。最強の上、二段階変身だもんなあ。
でも、娘が魚座なんですけど、「魚座って、一度も勝ってないんだよね・・・」って言ってて、心底可哀想だと思いましたww

立神さんが理事長に心酔していた理由は、(納得できないながらも)明らかになったけど、じゃあ校長は? って思いますよね。命捨ててたのに。やはり、若き日のシーンがカットされてたのが辛い。扱いが軽いというより、尺がなさすぎ。ここに来て、あと30分じゃ無理じゃないかと心配してます。
ゲンちゃんの両親についても触れて欲しいし、園ちゃんや鬼島くんも気になるし、二郎は放っといていいのかとも思うし、最後のバトルは派手に行くだろうし、ユウキは賢吾の手紙を読んでまた泣かせに来るみたいだし・・・最終回だけ1時間にして欲しい。

大杉先生良かったですねー。
最初のころ、冗談で「大杉先生、顧問になるんじゃない?」と言っていたのが信じられないくらい、立派な顧問になりました。田中さんも、すごく撮影を楽しんでくれてたみたいで良かったです。子供たちに、「大杉先生~!」と声をかけられて嬉しい、というのを聞くと、なぜかこちらまで嬉しくなりますね。

> PS.ウィザードがスタイリッシュにカッコよくて、ださい印象の強かったフォーゼとのギャップの激しさもあって、すでに惚れてしまいそうなのですが、これって浮気ですか?

浮気したい奴はするがいいさ!
っていうか私、皆さんが言うほどフォーゼがダサいと思ってなくて、むしろ最初から「今回はカワイイな」と思っていたぐらいですので、ウィザードが好きになれるかホント心配です。黒い手のベルトと、軍服っぽい詰襟・長い裾はカッコイイと思いますが、今のところそれだけ・・・。
それより、私はメテオこそ、ライダー史上最高のイケメン君だと思っていますので、彼を超える脇役ライダーが果たして登場するのかどうかも気になる所です。

最終回正座して観ます

最終回直前に初めまして(ぺこり)。

ここ何回かはいろいろてんこ盛りすぎて、録画を何度も見直してます。

ついでに録り溜めた過去回もガッツリ見直しながら、最終回を前に声を大にして叫びたい一言。


メテオでスピンオフ作ってくれえぇぇぇっっ!!!


プレゼンターに届けこの願い。

息子が産まれた年の電王以来のハマりライダーでございました。
その息子と初めて一緒に楽しんだ<span style="background-color:#FFFF00;">フォーゼ</span>がいよいよ最終回、感慨深いです。(オーズまでは恐がって観られず、でした)

既に息子はウィザードの魔法にかかってしまっているようなので、来月からもライダーシリーズは観ることになりそうです(;^_^A

いらっしゃいませ~!

みけさん、初めまして。
ようこそいらっしゃいました!

息子さんと一緒にライダー見てらっしゃるんですね?
羨ましいなww
「てれびくん」とかベルトとか買いたい放題じゃないですか?(笑)
仮面ライダーって全体的に暗いけど、フォーゼは明るく元気だったから、息子さんも楽しめたんでしょうね。

電王は面白かったですね。斬新でね。
あれも、すごく人気が出て、スピンオフ的な映画が何本もできましたよね。
メテオ(ストームじゃない方)と別れるのは、確かに寂しい・・・でも、メテオってタチバナさんがフワフワしながら認証するのが好きだったんですがww
タチバナさんがいなくちゃ、スピンオフ作ってもなんか物足りないなあ・・・

ウィザード、巷ではカッコいいと評判ですね。
気に入ったら、このブロクで特撮日記を続けたいのですが・・・
それより今は、最終回で頭がいっぱい!

また、遊びにきてくださいね~。

我が家でもタチバナさん大人気でした。
息子が浴槽に浸かりながら「タチバナさん」とモノマネするほどには(笑)

ヴァルゴ=江本さん、はまぁいいんですが、=タチバナさんは止めて欲しかった…(/´△`\)

タチバナさんにはいつまでもフワフワしていて欲しかったです…。

いよいよ明後日ですね。

とうとう明日(T.T)

みけさんこんばんは。
とうとう明日になってしまいましたね。

息子さん可愛いですね~!
お風呂でフワフワできるなんて、ほんとめっちゃ可愛い。
タチバナさんは、ヴァルゴの時はまだしも、江本教授とも声が違うのがイマイチ納得できませんww

さていよいよ最終回。
ハンカチを用意してスタンバイします!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/393-0b40ceef

 BLOG TOP