プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は図書館派(本を買うにはお金も空間も足りなすぎる)なのですが、図書館のあの、腰帯をはずされた状態で自分の好きそうな本を探すには自分なりのテクがあって、その一つが「翻訳ものは訳者で選ぶ」というもの。
海外ファンタジーはほんとに数が多くて何から手をつけていいのか迷いますが、私の場合、金原瑞人さんが訳している本はまず手に取ってみます。で、「訳者あとがき」で激賞されてたら借りて読みます。私はこの方法で、スーザン・プライス「エルフギフト」やクリフ・マクニッシュ「シルバーチャイルド」といった数々の傑作と出会ってきたのであります。
(特に「エルフギフト」は私のオールタイムベストでも一、二を争う傑作中の傑作)
なので今回のこの本、ポール・ホフマンの「神の左手」も、あとがきで金原さんが激賞してるのを見てさっそく読んでみました~。

まず、「訳者あとがき」よりその激賞ぐあいを引用してみましょう。
「ポール・ホフマンの『神の左手(The Left Hand of God)』を読み終えたときの衝撃はおそらく一生忘れられない。
 ひと言でいってしまえば、ダークファンタジー。もう少し詳しく説明すると、嘘と偽りと裏切りと圧制の暗黒の世界で繰り広げられる、少年たちの冒険物語。
 しかし冒頭からこの暗さはなんだろう。容赦なく、途方もなく暗い。
(以下略)」
・・・どうです、読みたくなったでしょう(笑)

内容的には、中世ヨーロッパ風のゴシックな世界で、巨大な修道院に送り込まれた少年たちが日々虐待を受ける、という・・・(笑)
いや、笑っちゃナンですがもう、冒頭数ページでいきなり主人公の少年が「鋲がびっしり埋め込まれた革のベルト」で手を打たれたり、とか(笑)
「上級メシア」と呼ばれる修道僧(?)たちに、ちょっとでも逆らったり規律を乱したりその他何をしても厳罰を受けるという、まあそういう、ある種のパターンと言っていえなくもない所から話はスタート。
主人公の少年ケイルがまた、そういうパターンだと必ずそうであるように、表面は圧制に素直に従っているように見せかけながら実はプライドが高く、頭も切れるし戦いにも強く、冷酷でもあるという、もうこれで面白くならないはずがない設定です。
いやもっとはっきり言ってこの設定は大好物です。ハアハア。

それにしてもこの悪趣味さは一体・・・?
メシアたちの厳罰というか虐待というか拷問というか、がハンパなくて、食生活に関する描写も「なんでそこまで・・・」というくらい酷すぎて、むしろ読みながら時々笑っちゃうくらいでしたよ。
残酷なストーリーや残酷な描写は決して嫌いではなく、むしろ「美しい」と感じる時すらあるのですが(先述した「エルフギフト」がまさにそうでした)、別に耽美や露悪的な趣味は無いんです。
ただ、必要に応じて残酷なのは好き(というか大好物。変態ですみません)なんだけど、不必要に残酷なのはむしろ、ただの悪趣味でしょ?
なんかこの本、自分的にはそういう、「好き」と「悪趣味」の境目あたりをウロウロしていて評価しにくいです。
しかも、やがて主人公ケイルは友人たちとその修道院を脱走し、大きな運命の流れに巻き込まれていくのですが、最後まで読むと「ここで!?」っていうところで終わっちゃうんですよー!
どこにも「第一巻」って書いてないだろー!?
こりゃもう続きを待つしかないじゃないですか!

主人公のケイルという少年が魅力的で、他人に心を開かず他人を信用せず、かと思うと激情に我を忘れてメシアを殺してしまったり恋人の為に命を捨てるようなまねをしたり、目つきはあくまで暗く背中には無数の傷跡があり、更に自分でもよく知らない大きな運命を背負わされています。
彼の頭の回転が速く会話のセンスがいいのも読みどころです。相手がどんな人物であっても気後れせす、不必要な言葉は一切口にせず、スパッ、スパッ、と返していく会話は読んでて気持ちいいです。

・・・とまあそんな感じで、「オススメ!」とは言えないけど、「自分、そういうの好きかも・・・」と思った人は読んでみてください。損はしないと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/43-108b4875

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。