プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



昨日(12/12)の朝の日テレの番組で、ネガティブ・モデルとして人気の栗原類と、映画「フランケンウィニー」プロモの為に来日中の、ティム・バートン監督との対談を放映してたのですが、ごらんになった方いますかね?
あの、人見知りで暗い栗原クンが、ティム・バートン監督には自分と共通するノリを感じるのか、終始微笑みを浮かべ頬を染めて嬉しそうに喋っているのがまずビックリです。
もともと素晴らしい美貌の持ち主ですからね、眼福眼福。
栗原クンは子供の頃アメリカに住んでいた時期もあるそうで、英語もペラペラでかなり意気投合していました。対談時、栗原君は黒い短いスーツに黒いシルクハット姿(映画「ダーク・シャドウ」のコスプレ? 見てないので分かりませんが)が良く似合い、まんまティム・バートン映画の住人でした。
更に、「チャリーとチョコレート工場」のウィリー・ウォンカや「シザーハンズ」のエドワードに扮したコスプレ写真も披露してくれたのですが・・・正直、ジョニー・デップよりカッコいい。
いや、ジョニデももちろん好きだけども! でもあの人、もうオジサンじゃないですか・・・。
栗原君はまだ18歳、現役高校生。その若さで、あの老成した雰囲気。モデルだけあって、コスプレに不可欠な「着こなし力」も半端ないです。
なんかね、やたらティム・バートン監督と意気投合してたしね、英語も喋れるしね、これは、次回作に出演が決まっても、まったく不思議じゃないな、と。っていうかむしろ、栗原君のあの美貌をティム・バートン映画の、あの独特な画面の中で見たいな、と。
監督、頼みます!

栗原君は監督にキングギドラの大型フィギュアをプレゼントして大変喜ばれ、お返しに「フランケンウィニー」のスケブを描いてもらっていました。
ところで栗原君って、ピースの又吉に似てますよね(笑)。性格的にも(笑)
又吉も風貌はかなり好きなのですが、又吉が少女漫画の妄想シーンで80%くらい美化されると栗原君になる気がしますw

栗原

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/512-4e5455cc

 BLOG TOP