プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


このブログ、始めたのが2011年の夏なのですが、自分的にはその何年も前からHP作りたいな、という気持ちはあったんですよ。好きな物とか面白いものとかについて好きなだけ喋って、そのまま集めておくための場所が欲しいな、と。
でも面倒くさがりなもので、「まあ、いつかそのうち・・・」って思ってそのままになっていた、と。
ところが2011年の春に小岩に「オタクカフェ」なるものが出来たんです。地域のミニコミ誌に載ってて、
「おっ。これはもしかして、私の行きつけの店になるのでは」
と思って上の娘と二人、開店早々行ってみたのですが・・・。
なんだか、「オタク」という言葉を甘く見ているとしか思えない店だったんですよー。
カウンターに座ってマスターと話をしたのですが、なんだか、全然オタクじゃない人(多分やとわれマスター?)だったんですよね。ガンダムもジョジョもエヴァも、一応知ってはいたけど、ちょっと突っ込んだ話をしようとすると、すぐ「あまり詳しくないんで」と言うし、何より語り口にあのオタク特有の熱っぽさがない。好きな物について話をしているというヨロコビがない。
ジャンルが違うのかなー、と思い、ゲームとかアニメとか声優とか、色々話題を振ってみたのですが、どこにも喰いついてこない。
スターウォーズでも伊藤計劃でもプリキュアでもモンハンでも遊戯王カードでもガンプラでも乗り鉄でも、なんでもいいから「自分はこれが好きなんだぁあ!」という熱があれば、趣味の方向は違っても話を聞いているだけで面白いのに、そういう、オタクの血が流れていない人がマスターだったのですよ。
当然ながらその店は全然お客が入らす、すぐに潰れました。

私は「気が向いたときに近所にオタクカフェがあって、ふらっと立ち寄るとなじみのマスターと常連さんと新顔さんがいて、いろんなジャンルのオタ話が出来たらどんなに楽しいだろう」という夢を捨てきれず、「自分がオタクカフェを作るとしたら、『第Q地区』って名前がいいなあ。入口に、『宇宙人お断り』の看板(映画『第9地区』に出てくる)がかけてあって、内装は絶対スペースオペラっぽい感じで、店の片隅にはいつも名作SF映画を映している画面があって、カウンターには選りすぐりのフィギュアを置いて・・・」、と、自分の店をあれこれ夢想していたのでした。
少なくとも、あの雇われマスターよりは、どんなお客のどんな話題にもそこそこついていける自信もありましたww
そうこうしているうちに、無料ブログ作成サイトを見つけて、見よう見まねで作ってみたのがこの「第Q地区」です。お店を作るのは大変ですが、ブログはデジタル音痴の自分にも何とかなりましたw
しかし、「オタクカフェ」の常連あるいはマスターになる、という野望はまだ捨てていません。
どっかにないですかね、その手の求人はw 
あ、腐女子方向でもソコソコ行けますよww

あと、2011年春といえば例の震災直後だったので、「やりたい事はすぐやっとかないと、人間先の事は分からない」という焦りもありました。なにぶん、もういい歳なもので・・・。
その当時は自分的に「オリジナル戦隊を作りたい」というのがドレンドだったので、それを「知らない人に読んでもらいたいッ」という気持ちもありましたw 例の「小岩戦隊」がソレです。
その後、なんだか恥ずかしくなってしまって、もう長い事ほったらかしなんですけど (;´д`)トホホ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/563-81ab21d9

 BLOG TOP